2015年のイチゴ狩り、時期はいつ?予約なしでも出来る?

スポンサードリンク

イチゴ狩りの時期はいつ?





イチゴ狩りの場所は2種類に分けられます。





1つは、ハウス栽培




2015-01-16_210916





もうひとつは、屋外で栽培する
露地栽培と呼ばれるものです。




2015-01-16_211055




イチゴ狩りで一般的に多いのは、
ハウス栽培です。




ハウス栽培は、場所によって
かなり開園時期が異なり、



全国で開園時期を見ると




早いところで、
12月から開園しているところもあれば、


遅いところで、
6月末まで
開演しているところまであります。




また、北海道で多く見かける露地栽培は、
6月中旬~7月下旬まで開園しています。





開園していても美味しい時期に
行きたいものですよね。




おすすめは、


イチゴは寒い時期であればあるほど
美味しいので、




ハウス栽培ですと、

1月2月がおすすめです。




3月も取れ高が多いので、
おすすめです。






関東のイチゴ狩りの人気スポットについてはこちら

関西のイチゴ狩りのおすすめについてはこちら

愛知のイチゴ狩り、人気の場所はこちら









イチゴ狩りは予約無しでもできる?





時期や場所によって、
予約で一杯になっていることもあります。




また、予約無しでも
土日祝日のみの営業しているところや、



前日に団体客があり、
ほとんど食べつくされた状態の場合もあります。




予約しないとしても
事前に電話での問い合わせをすることを
おすすめいたします。







また、ポイントとしては、


1月2月の寒い時期は、
イチゴの美味しい時期ではありますが、




イチゴも色づくのに
4日、5日かかり、



団体客が来ると
前日に食べつくされ、
イチゴ狩りが不可能なことがあります。





また、2月3月は
有名どころのイチゴ園は



春休みともかぶったりなどで
予約でいっぱいの場合があります。




やはり、美味しいイチゴを味わって食べたいなら、
ご予約することをおすすめいたします。





また、ご予約する際に
おすすめポイントとしては、



ご自身に合ったイチゴ園を見つけること!





ハウス栽培にも3種類あり、




立った状態で食べることが出来る

高設栽培




2015-01-16_211232





地面に栽培されている

土耕栽培




2015-01-16_211304





石垣を組んで栽培されている

石垣栽培があります。




2015-01-16_211419





大人だけで行くならば
高設栽培がおすすめ
ですが、




自分で採ることが可能な
お子さんをお連れの場合は、
土耕栽培や石垣栽培などがおすすめ
です。




また、露地栽培は、


野外で開放的な遠足気分で
イチゴ狩りを味わうことが可能です。





また、食べ放題は、最大でも

30分ほどで満腹になります。




イチゴ狩り以外の目的も考えて
場所を選ぶのもおすすめです。




ご自身に合った
イチゴ狩りを楽しんで行って来てくださいね。













スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク