葵祭の斎王代ってどうやって選ばれるの?費用ってどれくらいかかるの?

スポンサードリンク



京都三大祭のひとつ
「葵祭」



この祭のヒロイン
「斎王代(さいおうだい)」について
調べてみました!






「葵祭」と「斎王代」とは?







2015-03-06_205101






葵祭は、
総勢500名以上


平安貴族を再現した姿で、
行列をつくり



京都御所から、
下鴨神社 (しもかもじんじゃ)
を経て


上賀茂神社 (かみかもじんじゃ)
まで、向かうおまつり。





平安貴族を再現した
その行列の姿は



日本で一番
優美で華やかな祭
とも
言われているそうです。









行列は、


「本列」と
「斎王代列」に大別され、


斎王代列は、
“女性の列”となっています。



そして、その、
斎王代列のヒロインが

「斎王代(さいおうだい)」
です。




つまり、
葵祭の行列の中で、


一番の注目を集める女性が、
「斎王代」なのです。






「斎王代」はどうやって選ばれるの?





さて、本題に戻ります。


この「斎王代」
毎年どのように
選ばれているのか、気になりますね。






2015-03-06_204630






調べたところ、
オーディション等ではなく



京都ゆかりの
寺社、文化人、実業家の方々の


ご令嬢から選ばれるのが
通例となっているそうです。




ということで、
残念ながら
一般のほとんどの方には


斎王代になる
チャンスがない
ということのようです。






葵祭の斎王代の費用ってどれくらいかかるの?




このような形で
斎王代が選ばれている
理由については、


費用の面ではないかと
言われています。




斎王代としてかかる
衣装や、
クリーニング代金など、
一連の費用を



斎王代自身で
負担する必要が
あるのだそうです!





2015-03-06_204803






衣装の豪華な
十二単(じゅうにひとえ)は
毎年新調されているそうで、


それだけでも、
かなりの額が必要ですね。



その合計費用は、
なんと
数千万円
とも言われているそうですよ。

驚きです!!




これまで、
斎王代に選ばれた
女性の写真は


京都新聞の
葵祭のページに
掲載されていますが、


みなさん本当に
美しい方ばかり!




昨年は
4月の中旬に、


葵祭行列保存会から
斎王代が発表されたと
報道があったようです。



今年もおそらく
同じ頃に発表される
のではないでしょうか。




今年はどんな斎王代が
見られるのか
楽しみですね。







スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク