全仏オープンの当日券ってあるの?買い方は?どれくらい高いの?

スポンサードリンク



全仏オープンの当日券ってあるの?買い方は?どれくらい高いの?




6月には、
全仏オープンが開催されますね!


錦織選手は、
今年は優勝候補とあって、
期待が高まりますね。


テレビでスポーツ観戦をしていると
現地で応援したい!
という気持ちになることはありませんか?

今日は全仏オープンの当日券
について調べてみました♪




2015-04-21_191712




当日券について調べてみたところ、
まだチケットが残っていれば、
当日券が発売される場合があるそうですが、


近年は、会場での販売はなく、
公式ホームページもしくは
公式転売サイトからの購入
となるそうです。



また、以前は会場の付近に
ダフ屋がいて、そこからチケットを購入する
手段もあったそうですが、


現在では、入場時に、チケットと共に
本人確認を行っているため、
ダフ屋は会場にいなくなったそうです。



国内でもコンサート会場などにいる
ダフ屋さんは、めっきり見かけなくなりましたよね。
世界中その流れは共通なんですね!




会場に直接行ってみたものの、
結局、ローランギャロスの中に
入れなかったという体験談もありましたので、


チケットを持ってない場合は
チケットを入手してから観戦に向かうよう
ご注意くださいね。



2015-04-21_191739



さて、当日、チケットが残っていた場合は
公式ホームページや公式転売サイトから
購入できるのですが、


過去の例では、全仏オープンでは、
チケット発売後、ほぼ1日で完売となる
プレミアチケットとなるため、

公式ホームページで売れ残っている
ということは殆ど期待できない
そうです。



ですので、狙い目は、
公式転売サイト「Viagogo」です。


しかし、プレミアチケットの
全仏オープン!
こちらもなかなか手強いのです。



男子準々決勝以上等になると、
試合前日でも、出品後3分程度
売買が成立してしまうとか。。


価格は、その時の出場選手や、
観戦エリアなどにより
大きく変動するそうです。


出品者が現れるのを待って
粘り強く探していくしかないですね。




とはいえ、公式ホームページも
公式転売サイトも、すべてフランス語。

そして日本からわざわざフランスに行くなら
確実に試合を観戦したいですよね。



2015-04-21_191835



日本語でチケットを事前に購入できる
チケット代理店がいくつもありますので、

事前に、そちらを利用して
チケットを持ってから
フランスに行かれることをおすすめします!!


是非参考にしてみて下さいね。





スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク