川崎大師の初詣、どれくらい混雑するの?おすすめの参拝時間はこちらです

スポンサードリンク





川崎大師平間寺といえば、関東でも3本の指に入るぐらい
多くの参拝者が訪れることでも知られていますよね。


しかし、たとえ混んでいても、その御利益に与りたいという方も
いらっしゃるのではないでしょうか。




そこで、初詣に訪れるならば、どれぐらい混雑し、
どの時間帯ならば、あまり待たずに参拝できるのかを調べてみました。


一緒に行かれる方の年齢なども考慮し、
一番ふさわしい時間が見つかるといいですね。







まず、川崎大師について少し学んでみましょう。




2015-12-04_230418
引用:カワサキオンライン






こちらは、色々な災厄をはらっていただける「厄除大師」として親しまれており、
関東だけでなく全国から参拝者が訪れるところです。



総本山は京都東山七条の智積院であり、
成田山の新勝寺や高尾山の薬王院とともに、真言宗智山派の大本山のお寺となります。






年末年始の大本堂開扉時間は、




12月31日(大晦日) 午前6時~終日
1月 1日(元旦)  深夜~20時30分
1月2、3日    午前6時~19時30分
1月4日~7日   午前6時~18時30分
1月8日~31日   午前6時~18時
(例外として、日曜祝日は、午前6時~18時30分
       1月20日 午前6時~21時   
    1月21日 午前5時30分~18時30分)


となっています。






では、大晦日~元旦ならどの時間帯が良いのでしょうか?




2015-12-04_230815
引用:NAVERまとめ





人が途切れない時間は、プラカードを持った方たちに
誘導されるようにして参拝を行います。





おすすめの時間帯は、年越し前の22~23時頃
ちょっと早めの時間です。



紅白歌合戦や民放の番組を見てから
初詣に向かう人が多いので
0時~3時の時間帯はめちゃめちゃ混雑します。




その前に済ませてしまうのが、混雑を避けるポイントです。
ただ、大晦日~元日に掛けては、全く混雑しないということは
ないので、防寒対策はしておきましょう。







アクセスは、地方からの参拝者のためもあり、無料駐車場も700台分が用意されています。
車で行かれる場合には、交通規制がひかれているため、事前にチェックが必要です。
また、駐車場の利用時間は、12月31日は終日ですが、
迎春期間中は5時までなので、ご注意ください。






公共交通機関で行かれる方は、電車であれば、
京急川崎駅より大師線に乗り換え、川崎大師駅で下車、そこから徒歩で8分になります。


バスの場合には、JR川崎駅の東口にあるバス乗り場7番から
川崎鶴見臨港バス[川23系統]大師行きに乗ります。



大師バス停で下車したら、そこから徒歩で8分になります。
どちらの場合にも、混みあう時間には降りた場所から混んでいるはずなので、
一緒に参拝される方とはぐれないようにご注意ください。




川崎大師のご利益で素敵な一年をスタートさせて下さいね(^-^)








スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク