大阪の初詣、住吉大社の混雑状況は?近場にいいデートスポットってある?

スポンサードリンク





新年にデートをするなら、一緒に初詣に行きたいと思いませんか?
そこで、住吉大社へ行かれるのはいかがでしょうか。


住吉大社は、地元では「すみよっさん」と親しまれた神社で、
その三が日の参拝者数もとても多くて知られています。
約250万人もの人が、訪れるのだそうです。




そんな住吉大社へ、できるだけ混雑を回避しながら、
デートを楽しめるようなプランを考えてみました。
参考にしていただけたらうれしいです。







まずは、住吉大社について少し学んでみましょう。




2015-12-18_230147
引用:神社人





住吉大社とは、摂津国の中でも由緒が深く、「一の宮」という社格で
人々に親しまれてきた神社です。


すでに、摂津というだけで、その古さがうかがえますよね。
全国に2300余りもある住吉神社の総本社でもあります。





御祭神としては、


第一本宮は、底筒男命(そこつつのおのみこと)
第二本宮は、中筒男命(なかつつのおのみこと)
第三本宮は、表筒男命(うはつつのおのみこと)
第四本宮は、神功皇后(じんぐうこうごう)つまり、第14代の仲哀天皇皇后が
祀られています。



国宝となっている本殿4棟を始め、
敷地内には、13棟もの重要文化財があります。







次に、お正月の参拝できる時間は、



12月31日の大晦日は、17時に一度閉門され、22時から開門となります。
閉門されている時間があるので、注意が必要ですね。


1月1日の元旦は、年越しから22時まで
1月2、3日は、6時から21時まで。
1月4、5日は、6時から18時まで。
1月6日は、6時から17時まで。
1月7日以降は、通常通りの6時30分から17時となっています。





この中でもピークの参拝時間は、年越しから午前3時頃と言われています。
大晦日の開門と同時ぐらいに入って、年越しの辺りでの参拝か、
元旦の早朝の参拝でしたら、並ぶ時間も少し少なくなりそうです。



ただし、寒さは厳しいので、防寒対策は万全にしたほうがいいですね。
もしくは、夕方の16時以降の閉門までの時間を狙われるといいでしょう。








では、この参拝と合わせていきたいデートスポットはどこなのでしょうか。
大晦日の開門を狙う場合には、その前の時間に、
天王寺公園の「あべの・天王寺イルミナージュ」はいかがですか。




2015-12-18_230739
引用:ぐるなび





天王寺動物園の100周年の記念のイベントともなっているこのイルミネーションでは、
101頭もの光の動物たちが出迎えてくれますよ。
点灯時間が21時30分までとなっていますので、それからの参拝にはもってこいです。
レギュラーチケットは、大人1000円となっています。








または、早朝の参拝を狙う場合には、その参拝の後に、
「ハルカス300(あべのハルカス)」へ行かれるのはどうでしょう。




2015-12-18_231121
引用:あべの経済新聞





元旦は、特別営業をしており、早朝6時から入ることができます。
チケットは、大人1500円となっています。
新年の初日の出を、素晴らしい場所で眺められるのもいいと思います。







アクセスとしては、南海鉄道を使われる場合には、


南海本線の「住吉大社駅」から東へ徒歩3分、もしくは、
南海高野線の「住吉東駅」から西へ徒歩5分の所にあります。
阪堺電気軌道を使われる場合には、
阪堺線 の「住吉鳥居前駅」から徒歩0分、もしくは、
(路面電車) 阪堺線の「住吉公園駅」から徒歩2分の所にあります。



大変交通の便がよい所にありますし、
お正月には、周辺道路に交通規制が敷かれますので、
車やバイクなどでのおでかけは、極力控えられたほうがいいと思います。





さて、デートスポットと合わせてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。
始めての方も、何度も行ったことのある方も、
大晦日や元旦は、少し違った雰囲気も楽しめると思いますよ。



素敵な年始を、住吉大社で是非迎えて下さいね。








スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク