静岡の初日の出が見られる時間っていつ?おすすめスポットはこちら 

スポンサードリンク





静岡県は、東西に長く海岸線をもつ県ですよね。
そのため、初日の出を見られるスポットがたくさんあるんです。



初日の出は、どこで見たいというのが決まっていない方は、
参考にしていただけたらと思います。




今回は、3つの種類のスポットに絞ってみました。
それぞれが違った趣があり、お好みの景色があれば幸いです。
さて、それではどんな場所があるのでしょうか、見ていきましょう。







石廊崎





まず、1ヵ所目は、南伊豆町の「石廊崎」です。
こちらは、伊豆半島の最南端にある、太平洋へ突き出すようにした断崖絶壁の景勝地です。




2015-12-24_163038
引用:写真俳句・無一庵





どこまでも続く水平線からの日の出は絶景ですよね。
それを観賞した後には、岬の先端にある石室神社で初詣をすることもできますよ。



なんとこの石室神社は、創立が大宝元年(701年)と言われており、大変古いものです。
太い帆柱の上の社殿は、伊豆の七不思議にもなっています。





アクセスとしては、伊東線「伊東駅」から伊豆急行に乗り換え、「伊豆急下田駅」で下車し、
バスの「石廊崎港口」で降りたら、徒歩3分のところにあります。


ただし、早朝の場合には、車で行かれたほうがいいと思います。
駐車場は、石廊崎港駐車(100台、1回500円)をご利用下さい。
日の出予想時刻は、6時52分です。







グランシップ





2か所目は、静岡市駿河区の「グランシップ」はいかがでしょうか。
正式名称を「静岡県コンベンションアーツセンター」という県立の文化施設です。




2015-12-24_163544
引用:年末年始ガイド2015-2016





その名前の通り、舟形をした建物には、10階に一面ガラス張りの展望ロビーが設けられています。
そちらからは、富士山とともに、初日の出を楽しむことができますよ。



「一富士、二鷹、三茄」といわれますが、その富士を元旦から拝むことができるのです。
日本平の景色も眺められますし、素敵じゃありませんか。
数に限りはありますが、コーヒーや甘酒のふるまいもありますよ。





アクセスとしては、JR「東静岡駅」から徒歩約3分か、
静岡鉄道「長沼駅」から徒歩約10分の所にあります。



お車の場合には、400台止められる駐車場(1時間200円)をご利用下さい。
日の出予想時刻は、6時54分です。
エントランスオープンは、6時30分となりますので、ご注意ください。







十国峠





3か所目は、函南町の「十国峠」を紹介します。
熱海と箱根の中間に位置する十国峠では、なんと360°の大パノラマを楽しめます。




2015-12-24_163847
引用:アットエス





十国峠の山頂は、標高約770mで見晴らしがよく、海も山も眺められます。
峠の名前は、昔の国の名前で「伊豆」「駿河」「遠江」「甲斐」「信濃」
「相模」「武蔵」「上総」「下総」「安房」の十の国がここから見渡せたことに由来しています。



その眺望の良さは、昔からすばらしかったということですね。
初日の出は、相模湾から昇るのですが、方向を変えれば、富士山も見られます。





アクセスとしては、ケーブルカーが早朝5時から運行されていて、
全長316mを約3分で登ることができますよ。



こちらは、往復で、大人720円、こども360円の運賃です。
お車の場合には、無料駐車場が320台ありますので、こちらをご利用下さい。
日の出予想時刻は、6時50分頃です。






初日の出というのは、その日の天候に左右されるもの。
どうか晴天に恵まれますように、
そして、みなさんの1年が気持ちよくスタートできますように、
心からお祈りいたします。



そして、静岡県はその地形より、日の出の時間が少しずつ違いますので、
そちらはご注意頂けたらと思います。



それでは素敵な一年のスタートになりますように。






スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク