大阪で初日の出を見るなら、おすすめの場所はどこ?定番から穴場までご紹介

スポンサードリンク





大阪は、残念ながら陽が昇る東側に海がありません。
そのため、海からの日の出は眺めることができませんが、
雄大な山と日の出のコラボレーションを楽しむことができますよね。



今回は、そんな山を楽しめる、3タイプのスポットを探してみました。
定番から穴場まで揃え、ご家族からカップルまで、
楽しんで頂けるかとうれしいです。


それでは、3か所を見ていきましょう。







梅田スカイビルの空中庭園展望台





まず、1ヵ所目は、大定番の「梅田スカイビルの空中庭園展望台」です。
北区にある、梅田スカイビルの39Fから40F、屋上の部分になります。




2015-12-28_215303
引用:OSAKAINFO





シースルーのエレベーターとエスカレーターを使って昇れるのは、
地上173mの屋上展望台です。


「空中庭園・初日の出2016」と銘打って、皆さんと日の出を楽しもうという企画があります。
ルミ・スカイ・ウォークと言われる、屋上からは、360°のパノラマ景色が見られますよ。
遠く生駒山系から上る日の出は、手前のビル街とのコントラストが綺麗です。





アクセスとしては、JR大阪駅から徒歩7分、もしくは、
阪急梅田駅、地下鉄御堂筋線梅田駅から徒歩9分ほどの所にあります。


お車で出かけられる場合には、460台分ある、こちらの駐車場(1時間で400円)をご利用下さい。
施設は、早朝5時オープンになります。



日の出予想時刻は、7時5分頃となっていますが、
この施設からは30分遅れぐらいで初日の出が見られるようです。

屋上で風も強く寒さも厳しいので、防寒対策をしっかりとして下さいね。







金剛山





次は、千早赤阪村の「金剛山」はいかがでしょうか。
大阪で一番早く初日の出を拝むことができる場所になります。




2015-12-28_220048
引用:OSAKAINFO





大峰山脈からの初日の出は、神秘的な感じがしますね。
ちはや園地のログハウス前の広場では、早朝5時から先着200名にお酒を、
1000名にはぜんざいがふるまわれるイベントがあります。
5時半からはロープウェイの乗車券を持っている人限定で、お楽しみ抽選会も行われますよ。





公共交通機関では、南海高野線河内長野駅と近鉄長野線富田林駅から、それぞれバスが出ています
ロープウェイ前バス停から、ロープウェイの駅までは徒歩約10分ですよ。


車の場合には、国道309号線で千早赤阪村に着いたら、そこから府道705号線で金剛山まで行けます。
府道の終点場所に342台分の府営の駐車場(1回600円)があり、7時から19時まで利用できます。





元旦には午前4時から使えますよ。駐車場からロープウェイまでは徒歩約10分です。
元旦は、午前5時からロープウェイが運行されます。約6分の空の旅ですね。
大人は片道720円、子どもは片道360円の運賃となります。



早めの便に乗れば、ちはや園地の展望台やピクニック広場での初日の出が楽しめるでしょう。
日の出予想時刻は、7時頃となっています。







信貴生駒スカイライン





最後に、「信貴生駒スカイライン」はいかがでしょうか。
この道沿いのいくつかの場所から、大和高原方面から昇る初日の出を拝むことができます。




2015-12-28_220526
引用:旅色





奈良盆地が一望できる暗峠の近辺や、鐘の鳴る展望台が人気があります。
元旦のみ無料開放される生駒山上遊園地駐車場から見るのもいいですよ。
有料道路区間内の駐車場は無料になっており、有料道路区間外の駐車場は有料です。
通行料については、利用する道路ごとに設定されていますので、ご確認ください。



信貴生駒スカイラインを利用して昇っていきますが、
大晦日の22時から元旦の7時には、宝山寺の初詣に伴い周辺道路に交通規制がかかります。
こちらもチェックしておいて下さいね。
日の出予想時刻は、7時頃となっています。






3か所を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
山から昇る日の出も、その周辺の景色によって様々な表情を見せてくれますよ。



一緒に行かれる方によって、目的の場所を決められるのもいいでしょう。
どこでも外で待つ場合には、寒さが厳しいことが予想されます。
防寒用具は忘れないようにして下さいね。







スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク