六本木ヒルズでお花見、桜が見えるレストラン&カフェまとめ

スポンサードリンク





六本木ヒルズには、桜が見られる所が2か所あります。
それは、面積4300平方メートルを誇る「毛利庭園」
約400mの長さの並木道になっている「六本木さくら坂」です。




巨大なビル街の中で、桜が楽しめるなんて素敵ですよね。
六本木ヒルズでは、桜の開花時期に合わせて、こちらの桜のライトアップがされます。



昼間に青空とのコントラストを楽しむのもいいですが、
17時30分から23時頃までの夜桜もとてもきれいです。



今回は、その桜をお店から眺められるところを探してみました。
ゆったりとお食事をしながら、花見をされるのはいかがでしょうか。







毛利 サルヴァトーレ クオモ





まず1軒目には、定番中の定番ですがイタリアンの「毛利 サルヴァトーレ クオモ」です。
六本木ヒルズのヒルサイドのB2Fにあります。




2016-01-25_204831
引用:HOT PEPPER グルメ





言わずと知れた、イタリアンの有名店ですよね。
オープンキッチンが広がる店内でシェフの腕を見るのも魅力的なのですが、
毛利庭園がお店のテラス前に広がっているため、桜の時期にはこちらがオススメです。


東京タワーと毛利庭園がしっかりと眺められます。
ソメイヨシノやしだれ桜を愛でながら食べるお食事はまた格別ですよ。




ランチタイムなら、ガーデンブッフェはいかがでしょうか。
季節の前菜、ピッツァ、パスタ、デザートが90分間食べ放題で1500円です。


また、花見酒をというかたには、ワインブッフェ980円もいいですよ。
昼間からワインを片手にする時間がとれるなんて最高です。
カフェタイムやディナータイムもテラス席をご利用いただけます。







グリーンアジア





次に、エスニックフードをいただける「グリーンアジア」もおすすめですよ。
六本木ヒルズのヒルサイドB1Fにあります。




2016-01-25_205001
引用:gooグルメ&料理





店内はポップなアートが広がり、広いテラス席からは、毛利庭園を眺めることができます。
東京タワーをバックに、お花見ができるのもポイントですよ。


パラソルヒーターやブランケット、張り出した屋根もあるため、
少し寒くてもテラス席がご利用いただけます。





こちらでは、インドネシア、タイ、ベトナム、チャイニーズなど
幅広いジャンルのアジアンフードをいただくことができます。



15時までのランチタイムは、大変お得になっていて、
サラダやスープのついた料理や日替わりランチを1000円程度でいただけます。
ティータイムに行く時には、アジアンスイーツがおすすめです。







37 ステーキハウス & バー





最後に、ステーキをいただける「37 ステーキハウス & バー」はいかがでしょうか。
こちらは、六本木さくら坂を楽しむことができます。
六本木ヒルズの六本木けやき坂通り2Fにあります。




2016-01-25_205428
引用:食べログ






広い店内には、個室も完備されているのですが、おすすめはテラス席になります。
六本木さくら坂の目の前にあるこの席からは、桜を少し上から眺めることができます。


まるで、桜のじゅうたんを見るような感覚ですよ。
見上げる桜もいいですが、こちらもお楽しみいただきたいです。





こちらでいただけるのは、21日間も熟成されたボーダーハウスステーキなどのプライムステーキです。
なかなか日本では頂くことができないものが、リーズナブルな価格で提供されているのです。
特にランチタイムは1500円から2500円ほどでいただけますよ。



鶏や豚、シーフードもありますから、お好みで選ばれるといいです。
桜を見ながら、ちょっと贅沢ランチはいかがでしょうか。






さて、3店をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
日中から夜まで、1日のどんな時間も桜を楽しめそうですね。
都会のオアシスとも言えるこの場所で、しっかりと春を楽しんで下さい。







スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク