2016年高松の池のお花見、桜の開花はいつ頃?桜祭りや見所についてご紹介

スポンサードリンク





岩手県盛岡の「高松の池」といえば、岩手県にたった2か所しかない
「日本のさくらの名所100選」に選ばれた場所ですよね。
県内外からのお花見の人出も多く、桜祭りの頃は特ににぎわいます。



桜前線が北上し、それを追いかけるように東北に出かける方も、
岩手県にお住まいの方も、是非、この高松の池でお花見をしてみませんか?


今回は、こちらの開花予想時期もあわせて、お花見情報を調べてみました。
参考にしていただければうれしいです。







まず、「高松の池」について調べてみました。




2016-02-05_221617
引用:SAMURAI Japon





秀峰岩手山を背景にした桜がとてもきれいですよね。
南部公が城下町の建設のために、沢であったこの土地に三段の堤を築きました。


その中で最も大きかった中堤が高松の池です。
松林が大変美しかったことから、この名前がついたそうです。





1906年(明治39年)に、日露戦争の戦勝記念に桜を植樹したことによって、
大正時代には、すでにお花見のできる桜の名所となりました。
ずいぶんと歴史のある、すごい場所なんですね。



現在は、高松公園として市民の憩いの場になっています。
ソメイヨシノの他に、ヤエザクラ、オオヤマザクラ、シダレザクラ、、ヤマザクラを含め
約1200本もの桜の観賞をすることができます。







次に、桜の開花予想についてお知らせします。




2016-02-05_221953
引用:全国移住ナビ





岩手県は、例年4月21日ころに開花し、2016年も例年並みだと予想されています。
満開になるのは、少し時間がかかり、4月29日ごろのようです。


ちょうどゴールデンウィークがはじまる頃になりますね。
お休みに満開の桜が見られる時期が重なるのは、運がよさそうですね。





公園内では、東南の方向に当たる、シベリア抑留平和記念像「ひまわり」(女の子の銅像)が立つ
少しひらけたスペースは、とても見晴らしがいいです。



ここからは、対岸に岩手山も望むことができるため、絶好の花見スポットになっています。
また、池の周りを取り囲むようにして桜が植えられているため、
全長1.4kmほどの遊歩道を散歩するのもおすすめですよ。




お花見と一緒に、盛岡名物を食べるというのもいいですね。
せっかく行くのだから、美味しいお店で是非ランチも食べてみて下さい。



盛岡でおすすめのお店についても調べてみたので
よかったら参考にしてみて下さいね。



盛岡のグルメ、おすすめのお店はこちら










次に、盛岡さくら祭りの見どころをご紹介します。




2016-02-05_222252
引用:いわてをま・る・ご・と♪チイキーズ






盛岡城跡公園とあわせておこなわれる「盛岡さくら祭り」では、
高松の池の周囲がぼんぼり100個が灯され、その影が池に映る様はとても幻想的です。
点灯時間は、18時から21時で、夜風にふかれながら夜桜を楽しむことができます。


また、この桜のシーズンには、池に遊覧船が登場します。
そこで、手こぎボートやスワンボート、遊覧船に乗って、池の上から桜を楽しまれてはいかがでしょうか。
遊歩道からみるのとは、また違った景色を楽しむことができるでしょう。






最後に、マナーとして、こちらの公園ではごみを持ち帰りましょう。
また、火気厳禁となっていますので、BBQなどはできません。



公園には無料の駐車場があるのですが、お祭りの期間内はすぐに満車になってしまいます。
更に、公園付近は交通規制が敷かれますので、できるだけ公共交通機関を使いましょう。




JR盛岡駅から松園バスターミナル行きのバスに揺られること約15分。
「高松の池口」で下車したら徒歩1分ほどで到着します。





さて、高松の池でのお花見について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
1000本を超える桜が見られる所はなかなかありません。


山、池、桜の重なる素敵な景色を楽しめるといいですね。
いい時期と、いい天候に恵まれ、お花見ができますように。







スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク