山形のホテル&旅館、格安からおすすめまで調べてみました

スポンサードリンク





山形県は、1992年に山形新幹線が開通したことにより、
首都圏から3時間ほどでアクセスできるようになりました。
そのため、より簡単に山形観光ができるようになりましたね。


主な観光地としては、スキー場や温泉地がありますが、
今回は、この中から蔵王温泉について調べてみました。





蔵王温泉は、最上高湯とも呼ばれていて、白布(山形県)や信夫(福島県)とともに
「奥羽三高湯」の1つとして数えられる温泉です。



東北随一の強酸性の硫黄泉は、お肌・血管の若返りと殺菌・美肌効果などがあり、
まさに「美人づくりの湯」と言われています。ぜひ、入ってみたいものですね。
温泉本来の成分を存分に感じられるように、多くの施設では源泉100%掛け流しの湯を楽しむことができます。




標高900m台にあるため、夏は山形市街地より約10度も涼しいリゾート地でもあります。
避暑地として楽しめるほか、季節に伴って変化する山の色を満喫できるトレッキングもいいですよ。
冬にはスキーなどのウィンタースポーツも楽しめます。



また、夜には、暖房付きの特殊車両「ナイトクルーザー号」という雪上車に乗り、
樹氷ライトアップや霧氷を間近で体験することもできます。
ますます、行ってみたくなりましたよね。では、宿泊施設について見ていきましょう。







蔵王国際ホテル





まずは王道の「蔵王国際ホテル」はいかがでしょうか。
蔵王温泉バスターミナルから徒歩10分のところにあります。
到着時に電話をすると迎えにきていただけます。




2016-02-08_221642
引用:蔵王の風





こちらの魅力は、何といってもそのお風呂にあります。
「八右衛門の湯」は、木がふんだんに使われたお風呂になっており、
丸太の梁が美しく、その天井高は一番高い所で6.5mもあります。
広々とした和の空間で癒されることでしょう。


また、石造りとなっている露天風呂は、冬にも入ることができ、雪見風呂を堪能できます。
更に、チェックイン後に予約のできる貸切風呂は3種類あり、それぞれに違った趣のある作りになっていますよ。




夜のお食事は、山形の旬のものを素材とした、会席料理を頂くことができます。
蔵王牛や山形産のお米などが、目でも楽しめるお料理となっています。


リピーターの方には、お料理が重ならないように内容を変えて頂くこともできますよ。
なんとも心優しい配慮ですね。何度でも行きたくなってしまいそうです。
蔵王ロープウエイまで徒歩5分という観光にも最適なホテルはいかがでしょうか。







蔵王・岩清水料理の宿 季の里





2つ目は、「蔵王・岩清水料理の宿 季の里」を紹介します。
蔵王温泉バスターミナルから車で5分のところにあります。




2016-02-08_221853
引用:楽天トラベル





こちらは、純和風の温泉宿になります。
強酸性白濁の温泉と無色透明弱アルカリ性の二種類のお湯を楽しむことができます。



特に、露天風呂「代吉の湯」は、源泉100%かけ流しで加温、加水は一切なしのお風呂です。
内湯は、ガラス張りで開放的な空間となっています。



湯上りには、色浴衣(1枚 500円)はいかがでしょうか。
着るお手伝いもしていただけますし、少し華やかな気分でお泊りタイムを過ごせます。




夜のお食事は、四季折々の自然の恵みを盛り込んだ和食会席となっています。
料理長が心をこめて作るお料理は、見た目も大変美しく、食べるのがもったいないぐらいです。


10畳の和室は、お部屋ごとにデザインが違い、山野草の名前がついています。
どの部屋になるのか、リピーターとして何度来ても楽しめそうですね。



徒歩5分で蔵王ロープウエイまで行けるので、空中散歩をしたり、
裏手の鴫の谷地沼を散策したりする拠点としていかがでしょうか。







フォーレスト蔵王温泉





3つ目は、「フォーレスト蔵王温泉」です。
蔵王温泉バスターミナルから徒歩15分のところにあります。
ここからは送迎を頼むこともできますよ。




2016-02-08_222111
引用:楽天トラベル





こちらは、2015年にプレオープンしたホテルになります。
360°森林に囲まれたこちらのホテルの魅力は、山形ブランド牛の和洋中バイキングではないでしょうか。



山形の「冷やしラーメン」や郷土料理の「だし」、地元の食材を使った料理と合わせて、
3種類の牛肉料理が楽しめます。


それは、「米沢牛芋煮」と「山形牛カレー」、「蔵王牛炙り焼き」です。
バイキングですから、どれもお好きなだけいただけ、男性にもおすすめですよ。




総檜造りで畳敷きの洗い場のついた露天風呂は、乳白色で自然の解放感たっぷりです。
対して、大浴場は、無色透明のお湯となっています。



2種類の湯が楽しめて、お風呂好きにもよさそうですよ。
公式のHPから宿泊予約をすると、横倉ゲレンデへの送迎をしてくれたり、
チェックイン前とアウト後の温泉入浴の利用ができたりとちょっとした特典があります。






3つの宿泊施設を見てきましたが、いかがでしょうか。
四季ごとに様々な魅力のある蔵王ですから、
季節ごとに訪れてみてもいいですね。


自然をじっくりと堪能して素敵な旅になりますように。







スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク