船岡城址公園の桜、2016年の開花&見頃&付近の駐車場情報についてはこちら

スポンサードリンク





寒い日もありますが、少しずつ春の足音が聞こえるようになってきましたね。
そろそろ、桜前線の動向が気になりだしませんか?


今年は、どこでお花見をしようかとお考えの方に、
宮城県の船岡城址公園はいかがでしょうか。





船岡城址公園と言えば、宮城県ではたった1つの「さくら名所100選」に選ばれた場所です。
東北の中でも大変人気のあるスポットで、例年25万人もの人が訪れるそうです。



そんな場所ですから、事前に勉強をしてから行くことで、
しっかりとお花見を満喫しましょう。







まずは、船岡城址公園について知っておきましょう。




2016-02-10_220711
引用:NAVERまとめ





NHKの大河ドラマ「樅ノ木は残った」の舞台にもなったことでも有名なこの公園は、
明治維新まで柴田氏が居住した館跡です。


山頂には本丸が、中腹が二ノ丸、大手門から入った広場が三ノ丸の跡となっています。
桜の名所として知られ、全体に樹齢80年余りのソメイヨシノが1000本もあります。





駐車場から公園の山頂までは、なんと305mもの距離をスロープカーに乗れます。
桜の時期には、桜のトンネルを楽しむことができますよ。


大人は片道250円、運行時間は9時から16時までですが、
ライトアップの期間中は21時まで運行しています。



船岡平和観音像が立つ山頂からは蔵王の山々が遠く眺められ、
白石川堤の千本桜を見ながら町を一望することができます。





この千本桜も一緒に楽しめるようにと、平成27年に「しばた千桜橋(せんおうきょう)」がかけられ、
公園から白石川堤まで簡単に行き来ができるようになりました。



柴田町の船岡土手内から隣町の大河原町金ヶ瀬にかけての白石川堤に咲く
総延長約8kmもの長さの一目千本桜は、雪の残る蔵王とのコントラストが素晴らしいです。
公園の桜と併せて、こちらも楽しみたいものですね。







次に、2016年の開花予想と「しばた桜まつり」をチェックしましょう。




2016-02-10_221417
引用:NAVERまとめ





開花予想を調べてみると、宮城県では、4月9日ごろと言われています。
これは、例年よりも2日ほど早い予想になっています。


満開は、4月18日頃と予想されていますよ。
咲き始めのお花も桜吹雪の舞う満開のお花も、
どちらも楽しみたいという方には、この間で2回訪れてもいいでしょう。





船岡城址公園では、毎年桜の時期に合わせて「しばた桜まつり」が行われています。
昨年は、4月10日(金)から25日(土)に行われました。


しかし、こちらは、桜の開花状態によって、前倒しして行われることもあるので、
柴田町のHPなどでチェックをするといいでしょう。
期間中は、18時30分から21時の間に桜のライトアップがされ、夜桜を楽しむことができます。







最後に、公園に行く時に知っておきたい情報を調べてみました。




2016-02-10_222101
引用:ウィキペディア





まず、行き方ですが、公共交通機関を使われる場合には、JR船岡駅から徒歩15分となります。
お車の場合には、駐車場(1回500円)が350台分用意されていますし、
まつり期間中は近隣に臨時の駐車場もあるので、こちらをご利用下さい。



ただし、白石川堤一目千本桜の辺りは、大変道が混み合います。
また、スロープカーにも長蛇の列ができ、2時間待ちということもあるのだとか。
混雑を避けるのであれば、できるだけ早めの時間帯10時頃までに到着できるといいですよ。




また、人出が多いということはトイレにも列ができます。
公園内のトイレの数が少ないので、早め早めにすませるようにしましょう。


また、火気厳禁ですから、こちらでのBBQはできません。
みなさんがマナーを守って、お花見を楽しめるといいですね。






ちなみに船岡城址公園の付近には美味しいラーメン屋さんがたくさんあります。
お花見がてらランチを楽しむというのも良さそうです。


色々と調べてみましたので、
もし良かったら参考にしてみて下さい(^-^)



船岡城址公園付近でおすすめのラーメン屋はこちら





さて、船岡城址公園について色々と見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
少しでも参考になれば幸いです。



桜の美しい時期は本当に短く、はかないものなので、人出も集中します。
時間などの計画にもゆとりを持たれるといいでしょう。
素敵なお花見の時間を過ごすことができますように、お祈りいたします。








スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク