熊本城の桜、2016年の開花&見頃は?付近に駐車場ってある?

スポンサードリンク





少しずつ春の風を感じ始めると、早くお花見がしたいと思いますよね。
桜のつぼみも温かな日をまだかまだかと待ち望み、
だんだんと薄ピンク色に染まってくるころとなりました。



今年はどこでお花見をしようと計画されていますか。
まだという方には、ぜひ熊本城でお花見をされてはいかがでしょうか。




例年、この時期には14万人もの人が訪れるそうですよ。
熊本県でトップ3に入るお花見スポットとして有名な熊本城の魅力を探っていきましょう。







まずは、熊本城について学んでいきましょう。




2016-03-01_225221
引用:NAVERまとめ





熊本城は、別名「銀杏城」とも呼ばれ、2007年に築城400年を迎えた歴史あるお城です。
千葉城や隈本城が築かれていた場所へ、加藤清正が熊本城を築きました。
7年もの歳月を費やして築城したと言われ、日本三名城の1つとされています。



現在の天守閣は、1960年に再建されました。
武者返しで有名な石垣、白と黒のコントラストが美しい天守閣、長塀など、
今でも素晴らしい姿を眺めることができます。





公園内には、熊本博物館や県立美術館、旧細川刑部邸などがあり、
一般的な観光コースをめぐると90分ほどかかります。


合わせて、観光には、桜の馬場 城彩苑も行かれるといいでしょう。
観光案内所や歴史文化体験施設、飲食店や売店が立ち並ぶ「桜の小路」がありますよ。







次に、2016年の桜の見ごろについて調べてみました。




2016-03-01_230025
引用:MERY





例年は3月23日ごろの開花となりますが、今年はそれよりも6日ほど早いようです。
開花は3月17日の予想となっています。



熊本城公園には、ソメイヨシノやヤマザクラ、ヒゴザクラなど800本もの桜の木があるため、
順に咲いていきますから、見ごろは1週間以上あるでしょう。





この見ごろに合わせて、夜間の入園ができるようになります。
ライトアップは通年行われていますが、時間は日没から23時までです。



夜間入園ができる期間は、夜間入園料もあり、大人200円(通常500円)となっています。
夜桜と熊本城の幻想的で美しい情景を楽しめることでしょう。
ライトアップが終わるより早い、21時には閉門されますのでご注意ください。







最後に、アクセスと知っておきたいことについてまとめました。




2016-03-01_230445
引用:熊本都市バス





公共交通機関を使われる方は、熊本駅から市電で約10分の熊本城・市役所前電停から徒歩3分です。
また、普通のバスもありますが、観光で色々と回られる予定のある方は、
熊本城周遊バス「しろめぐりん」がお得ですよ。



1日乗車券が大人400円で、色々な施設の割引券が付いています。
車で行かれる時には、九州道熊本ICから約30分になります。
公園内には、4か所の駐車場(合計600台ほど)があるので、こちらをご利用下さい。





お花見をするにあたってですが、公園内は火気厳禁となっております。
犬などのペットの入場はできますが、櫓(建物)へ入ることはできません。



必ずリードをつけて入場し、糞の始末などのマナーを守りましょう。
みなさんでマナーを守り、気持ちよくお花見を楽しめるといいですね。






さて、熊本城についてじっくりと見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
お花見を計画されたときに、候補に入れて頂けたら嬉しいです。






また、熊本城の近くには美味しい馬刺しを食べられるお店が
たくさんあります。



せっかく熊本に行くのですから、美味しい馬肉を
食べてみてはいかがでしょう。



おすすめのお店を調べてみたので
良かったら参考にしてみて下さい。


熊本城の近くでおすすめの馬刺しのお店はこちら






桜の花だけでも風流ですが、その景色にお城が入るだけで、
何倍も素敵になると感じるのは私だけでしょうか。
ぜひ、素晴らしいお花見ができますようにお祈りいたします。








スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク