天童のラーメン、人気&おすすめのお店はここです!

スポンサードリンク





お仕事や観光で天童市を訪れた時、何を召し上がりたいですか?
今回は、ラーメン激戦区とも言われる天童市ですから、ラーメンに絞って、お店を探してみました。



ラーメン好きと言われる方は、そのスープのだしや麺の種類、固さなどが気になるはずですね。
そんな情報を交えながら、人気のあるお店をチェックしていきましょう。







中華そば 初代 梵天丸





まず1店目は「中華そば 初代 梵天丸」です。
JR奥羽本線の天童駅から1.2kmほどあるので、タクシーを使われるのがいいでしょう。




2016-03-25_214906




住宅地の中にある、1軒屋を改装したラーメン店になります。
写真にあるのは、人気メニューの梵天丸中華(600円)です。



魚介だしが効いている醤油味のスープに、程良い背脂が浮いています。
やわらかめのウェーブがある中細の麺を、固めに茹でたものと併せて頂きましょう。




レンゲには辛味噌がのせられるので、お好みで召し上がって下さいね。
中央に乗っている梅干しもアクセントになっています。




あっさりがお好きな方には、白丸中華そば(500円)を、
辛いものがお好きな方には、赤丸中華そば(600円)をおすすめします。





こちらには、本日の小丼ぶりというものがあります。
その中でも食べて頂きたいのが、牛スジ丼(温玉のせ)300円です。




山形牛、米沢牛の切り落としやスジ肉を、時間をかけじっくりと煮込んだものを
あつあつのご飯の上にのせていただくのです。


卵のとろっとした黄身と一緒にいただけば、ほっぺたも落ちるはず。
偶然に出会えたら、是非、食べてみて下さいね。







いばらき





次に紹介したいのが「いばらき」です。
天童南駅から1kmほどの所にあります。





2016-03-25_215107





こちらは、以前はケータリングカーで営業をされていたお店が、店舗になりました。
お店に入ったら、券売機で頼むものを決めましょう。



大きく分けると、らぁめんかまぜそばのどちらかのスタイルで、
味は、煮干しか海老かのどちらかになります。
背脂がお好きという方には、こってりか特こってりを選ばれるといいでしょう。





写真のものは、定番の煮干しのらぁめん(600円)になります。
トッピングはのり、もやし、チャーシューなどオーソドックスですが、
少し炙ってあるバラ肉のチャーシューは、厚みもあってとっても美味しそうです。



スープは煮干しですが、煮干しがあまり主張しすぎておらず、
煮干しに苦手意識のある方にも食べて頂けますよ。
麺は太めのちぢれたもので、少々歯ごたえもあり、食べ応えがあります。







らーめん ちゃあみぃ





最後に紹介するのが、「らーめん ちゃあみぃ」です。
JR奥羽本線の天童駅から、約1.2km(徒歩だと19分ほど)の所にあります。




2016-03-25_215326




こちらの魅力は、豊富なバリエーションと言えます。
大きく分けると、豚骨醤油、豚骨味噌、山形醤油、山形味噌、沖縄塩の5種類です。
麺の種類は、極細、細、太(この店のおすすめ)、極太の4種類になります。



また、その固さは、柔らかめ、普通、固めと選ぶことができます。
スープも、あっさり、普通、こってりと選べ、その組み合わせはかなりの数になりますね。
何度も通い、自分好みのものを探したくなってしまいそうです。





写真のものは、豚骨醤油らーめん(750円)です。
ねぎ、もやし、メンマ、チャーシュー、半熟玉子がのって、この値段は安いですよね。



このお店はコスパが高いことでも知られており、
ネギらーめんならネギたっぷり、チャーシューめんならチャーシューたっぷりという具合に、
ふんだんにのせられた具材にも満足できることでしょう。
お気に入りの1杯を探しに行きませんか?






3店のお店の中だったら、どこへ行ってみたいですか。
天童には、これらのお店以外にもたくさんのラーメン店があります。



どちらもスタイルは様々で、色々な味を楽しむことができそうです。
1つのお店でも、2杯以上食べれば、また新たな発見もあるかもしれませんよ。
お好みのラーメンを見つけることが出来ますように。







スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク