山梨県の西部に位置する南アルプス市は、2003年(平成15年)に
中巨摩郡櫛形町・若草町・白根町・甲西町・八田村・芦安村が合併してできました。
大きく二分され、東側は平坦に、西側は山間部になっています。



こちらで一番有名なのは、果樹農園へ行って、フルーツ狩りをすることですが、
今回は、これ以外に家族で楽しめる場所を探してみました。
ぜひぜひ体を動かして楽しんでみませんか。







御勅使南公園(みだいみなみこうえん)





まず1つ目には、「御勅使南公園(みだいみなみこうえん)」はいかがでしょうか。
中央自動車道の韮崎ICから県道27号線を通り、約15分のところにあります。




2016-03-28_112307
引用:ウィキペディア





こちらは、健康の森ゾーン、スポーツゾーン、遊技ゾーンなど色々な場所からなる公園です。
公園の広さは、東京ドーム7つ分にもなり、
そこに設置されている遊具の数は、山梨県で1番多いのだそうです。




遊技ゾーンには、よちよち歩きの幼児用から、しっかりと体を動かせる児童用まで色々な遊具があります。
それぞれには使用できる年齢が書いてありますから、それを参考に楽しんで下さい。





また、温かい時期に楽しみたいのが中央広場の徒渉池です。(例年4月末ころから9月末まで)
水が噴き出している2つの山を中心に、水深30cmの水場が広がります。



整備した川も遊べる場所になっていて、裸足になれば誰でも利用できますよ。
広い場所ですが、スケートボードやキックボード、自転車などの乗り入れは禁止となっています。




植物や生き物の採取もできません。
ルールを守り、楽しく過ごして下さいね。








ウエストリバーオートキャンプ場





2つ目には、「ウエストリバーオートキャンプ場」もおすすめですよ。
中央自動車道の甲府昭和ICを下車、国道20号線を諏訪方面に行った所にあります。




2016-03-28_112547
引用:ウエストリバーオートキャンプ場





一般的に、オートキャンプ場と聞くと、宿泊する施設という印象を受けませんか。
実は、それだけではなく、子どもをつれて1日遊ぶこともできる施設が多いのです。



こちらのキャンプ場では、えさやルアーを使った魚釣りができます。
道具がなくても、すべて必要な物がセットになった釣りパックもありますから、誰でも楽しめます。




また、それが難しいくらい小さな子には、魚のつかみ取りができますよ。
つかみ取りでは、30分単位の貸し切り(1500円・4匹つき)で行うので、じっくりと楽しめます。






また、日帰りバーベキューも行うことができます。
鉄板や木炭、駐車料金2台分がついて、10時から15時30分利用、1テーブル1500円です。
その他に施設利用料として、大人は1人800円がかかります。




バーベキューハウスには屋根もついていますから、雨天でも決行でき便利です。
更に、こういった利用をすれば、自然の川を掘り、深いたまりを作った水遊びエリアも使えます。



童心に帰って、お子さんと存分に遊びませんか?
こちらの施設は利用料(1匹500円)を払えば、ペットを連れていくこともできます。








南アルプス市乗馬センター(塩前フレンドリーセンター)





最後に、「南アルプス市乗馬センター(塩前フレンドリーセンター)」はいかがでしょうか。
中央自動車道の甲府昭和ICを下車、国道20号線を御勅使方面へ、突き当りより奥へ入った所です。




2016-03-28_112751
引用:みんなの乗馬





こちらは、市営の乗馬施設になります。
まだ初めてという方は、引き馬(2周で中学生以下610円)がいいでしょう。



乗馬のレッスン(15分、30分などがある)を受ければ、自分でさっそうと乗れますね。
外乗プラン(60分10800円)ならば、更に御勅使川福祉公園を散策することもできます。
富士山も見える眺望が良い場所で、素敵な時間が過ごせそうです。



小さなお子さんには、小動物ふれあい広場(入場料100円・えさ付き)で、
うさぎやモルモットに触れ、えさやりをすることができます。





こちらの施設では、ホースセラピーというものも行われています。
乗馬だけでなく、馬の世話などをして、馬と触れ合うことによって、
心身ともにリラックスをさせることができるのだそうです。
日ごろ忙しい毎日を送るみなさん、ぜひ自然のなかで自分を癒してあげませんか。







さて、3つの場所を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
ご家族の好みに合わせて、いろんな所で楽しめるといいですね。



また、同じ場所であっても、子どもの年齢が変われば、違う楽しみもあるはず。
ぜひ、リピーターとなって、自然を満喫していただけたらと思います。







スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク