UVカットメガネでおすすめは?効果や値段についてご紹介

スポンサードリンク





日に日に温かさが増してくると気になってくるのが紫外線ですよね。
厚く着こんでいた冬と比べると、肌の露出も増えてきて、対策がかかせなくなります。



暑い夏に紫外線が多いことは当たり前ですが、実は4月からぐっと増え、
量的には、あまり夏場とかわらない紫外線を浴びているのを知っていますか?

できるだけ早くから、対策をしていった方が良さそうですね。




今回は、UVカットメガネについて調べてみました。
サングラスには抵抗があるという方に、ぜひ見て頂きたいです。







そもそも、UVカットメガネってどんなものなのでしょうか。




2016-04-26_110533
引用:http://item.rakuten.co.jp/cyclops/301col6/





ここ最近の研究によって、目からの紫外線が皮膚にも影響を及ぼすということが分かってきました。
肌をいくら隠していても、目が紫外線を受けるとメラニンを生成するということです。



目がセンサーの役割をしているなんて、びっくりですよね。
帽子や日傘、アームカバー、日焼け止めなどと併せて、目を守る必要があるんです。





そこで、登場しているのがUVカットメガネです。
レンズ加工で、紫外線の透過率を抑える機能があります。



メガネをかけるだけで、帽子の4倍も紫外線をカットできるんですよ。
レンズの色は関係なく、クリアでもその効果は変わらないので、
レジャーだけでなく、日常生活でも使っていただけることでしょう。




色が濃いものだと逆に瞳孔が開いてしまい、より多くの紫外線を取り込んでしまうため、
色つきのものを選ぶ時には、薄いものを選ぶといいのだそうです。







では、その機能の表記について、知っておきましょう。




2016-04-26_110818
引用:PARIS MIKI





日焼け止めクリームを買う時に、SPFやPAといった表示を確認するのと同様に、
UVカットメガネにも紫外線カットの機能を表す表示があります。



ただし、統一されているものはないというのが実情です。
よりよい物を選ぶために、3つの表示方法を覚えておきましょう。





まず、一番簡単なのが、「紫外線○%カット」というもの。
これは、どれだけの紫外線をカットできるかを表し、数値が高い方がいいものですね。



次に、「紫外線透過率○%」というもの。
これは、紫外線をどれだけ通すかを表し、数値が低ければ低い程いいものになります。
ちょっと、ややこしい感じはしますよね。



最後に、「UV400」というもの。
これは、紫外線のカット率を数値化したもので、UV400であれば、99%カットでき、
UV380になると、90%カットできると言われています。






最後に、値段について調べてみました。




値段が高ければ機能が高いはずと思われがちですが、そうでもないようです。
フレームがブランドのものであれば、それだけでお値段も高くなりますよね。



UVカットメガネという機能がよりよいものを選ぶには、やはり先ほどの機能表示を見て、
より紫外線が通らないものを選ぶのがよいのです。





安いものであれば100均でもあるのですが、一般的には、5000円以上のものを選ぶと良いようです。
メガネの値段はレンズで決まるとも言われており、レンズのゆがみなどは、目の疲労に直結します。
あまり安すぎるものは避けたいところです。



また、目とレンズの隙間からも紫外線は入ってくるので、
隙間を防いでいるタイプがおすすめ
ですよ。





さて、UVカットメガネについて知っていただけましたか。
普通の生活をするには、色がついているサングラスは抵抗があるという方にも、
目からの紫外線対策をしていただけるのがわかったのではないでしょうか。



形も色々とあり、お好みのものを探していただけると思います。
伊達メガネで、メガネライフを楽しむのもおしゃれの一環でいいかもしれませんよ。
是非、紫外線対策に検討してみて下さいね(^-^)






スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク