結婚式の招待状、返信の書き方、出席と欠席時でのマナーまとめ

スポンサードリンク





初めて結婚式に招待された時を思い返してみると、
招待状の書き方を親から教えてもらいながら
書いた記憶があります。



間違った書き方をして、失礼なことをしないか
心配だったのでしょうね(^^;;






招待状の返事って、そうそうたくさん書くものでもないし
わからないところもあるのではと思います。




そこでどのように返信をするのがいいのかについて調べてみました。
私自身も、「あ、そういう書き方するといいんだ」
と勉強になるところがありました。



是非参考にしてみて下さい。







ーーーーー出席の場合ーーーーー





御出席⇒御を二重線で消して出席に○

ご欠席⇒二重線で消す

御住所⇒御に二重線

御芳名⇒御芳に二重線




2016-09-26_232037
引用:http://www.kekkon-j.com/manual/replypostcard/step3.html




まずは、上記の文字を二重線で消します。


画像のように、出席のところに「喜んで」や「慶んで」
という言葉を添えると更にいいです。






返信をする際にちょっとお洒落な書き方があります。
私は知らなかったのですが〝寿消し〟というやり方です。



二重線を引っ張る箇所を〝寿〟の文字を書いて
消すのです。



年配の方がさりげなくスマートにやるとおしゃれな感じなのかなと感じました。
若い人は二重線でもいいかなと私は思います。





最後にお祝いのメッセージを添えましょう。





例)
ご結婚おめでとうございます。喜んで出席させていただきます。
当日を楽しみにしています。




こんな感じですね(^-^)




なんか文章的に、ちょっとお堅い感じがしますが、
これは本人だけではなく親御さんも見る可能性があるので
話し言葉のような砕けた感じで書く事は控えたほうが良さそうです。





こんなこと書いていますが、思い返してみると、
私はちょっと砕けた感じで書いていたことがあったかも・・・
とちょっと反省しているところです(^^;;


友人だとしても、TPOをわきまえた書き方が大事なのだと
改めて感じました。







そして招待状の返事ですが、1週間以内にするのが
マナーとされています。出来れば2、3日くらいまでには
出すのがベストです。




返信期限ギリギリに出すということは常識はずれで
相手はこの招待状の出欠を見て準備を進めるので
なるべく早く返事を出すのが礼儀です。




間違っても期限内に送ればいいや、なんて考えないようにしましょう。






ーーーーー欠席の場合ーーーーー




御出席⇒二重線で消す

ご欠席⇒御を二重線で消して欠席に○

御住所⇒御に二重線

御芳名⇒御芳に二重線




2016-09-26_232754
引用:http://wedding.rakuten.co.jp/guest/invitation/response/





これは、出席の時と同じですね。御の部分を二重線で消して
欠席に○を付けましょう。




やむを得ず、欠席しなければならない場合は
お祝いの言葉とお詫びの言葉を書く事がマナーです。





弔辞や病気など、結婚式の場にふさわしくない内容の時は
ぼかして書きましょう。
欠席の理由を詳しく書く事はしなくていいようです。





例)ご結婚おめでとうございます。お招きいただきありがとうございます。
やむを得ない事情により欠席させていただきます。
お幸せを心よりお祈りしております。




ただ、長期の出張や出産など相手側も納得出来る内容の場合は
きちんと伝えたほうがいいよう
です。







欠席の場合、すぐ返信するのは「出席する気がない」と
捉えられてしまう可能性があるので、
ちょっと時間をおいてから返事を出しましょう。



それでも2、3日内では早いですが、1週間内までには送った方が
良さそうです。先程も言いましたが、結婚式の準備が遅れて
迷惑をかけないようにすることも大事なことなので



数日待ってから出すという流れでいいと思います。






こうやって色々と調べてみると
自分はこれまできちんと出来ていなかったところあるなぁ
と思いました。



招待状の正しい書き方、是非参考にしてみて下さい。







スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク