魔曲ジョックロック、智弁和歌山の吹奏楽が凄い!

スポンサードリンク

 

夏と言えば甲子園。
ジョックロックを聴くのが楽しみ!
そういう高校野球ファンも多いのではないでしょうか?

 

かくいう私もその一人です。

 

 

高校野球では、学校によってオリジナルの応援曲を
使っているところありますよね。

 

横浜高校とか、東海大系列とか。

 

 

その中でも、圧倒的インパクトを与えるのが
智弁和歌山高校のジョックロック
とにかくカッコ良すぎます。

 




 

 

この曲が流れてる中で、打席に立ってみたい・・・
そう思う人、たくさんいるんじゃないかですかねぇ。

 

 

 

このジョックロック、原曲があるんですが、
正直、そこまでカッコよくないんです(^_^;)
それをあんな風にノリノリの神曲にするとは凄い。

 



 

そのアレンジした人が、
智弁和歌山高校の吹奏楽部の顧問していた
吉本英治さん。

 

 

今や、多くの高校が演奏している「アフリカンシンフォニー」
この編曲も吉本さんなんです。

 

 

天才。この一言に尽きますね。

 

 

 

でも、このジョックロック。
智辯和歌山と智辯学園以外の高校で演奏しているの
あまり聴きません。

 

これだけカッコよくて魔曲としても有名なのに、なぜ?
と調べてみたら、

 

 

とても難しい曲であるにも関わらず、楽譜が販売されていないとのこと。

 

なるほど、他校がなかなか手をつけないわけです。

 

 

色々と各校の吹奏楽の演奏を聴いていると、
それぞれの高校の特徴が出ていて面白いです。

 

 

 

個人的には沖縄県勢の指笛も好きなんですよね。
なんか夏っぽくないですか?


だから、初戦で智辯和歌山と興南がぶつかったのは
なんかもったいないと思って見てました。

 

主役はもちろん野球部の選手ですが、
吹奏楽にも注目して、高校野球を楽しんでみて下さい。
そして、ジョックロックも聴いてみて下さいね(^^)

 



 

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク