芋煮会フェスティバル2017、来場者数や混雑状況、駐車場まとめ

スポンサードリンク

 

山形の秋の風物詩と言えば、何と言っても
【芋煮】です。

 

 

山形や宮城にお住まいの方なら、
芋煮会を楽しみにされている人も
多いんじゃないかと思います。

 

 

その芋煮会のお祭りが山形であることを
ご存知でしょうか?

 

 

その名も

「日本一の芋煮会フェスティバル」

 

 

 

直径6mの大鍋に、里芋3トン、牛肉1.2トン、こんにゃく3,500枚、ねぎ3,500本、醤油700リットル入れて作ります。

 

 

そんな芋煮のお祭りですが、
どれくらいの来場者が訪れるのか、
駐車場はあるのか気になる方もいるのではと思います。

 

そこで、色々と調べてみました。

 

 

来場者数が凄い
 

 

 

まず、来場者数がもの凄いです。
食べ物のイベントで、しかも山形で、
これだけの人が集まるかという印象。

 

 

山形市の2017年現在の人口が
25,2326人(約25万人)

 

芋煮フェスに訪れる人は
なんと約20万人とも言われています。

 

 

山形市に住む人口とほとんど変わらない(^_^;)
毎年かなり混雑するようです。

 

ある程度の混雑は覚悟しないといけませんね。

 

 
駐車場まとめ
 

 

まず、前提にあるのが、駐車台数には限りがあるので
公共交通機関を利用することをおすすめしています。

 

20万人もの人が来るわけですから、
すぐ駐車場いっぱいになっちゃいますからね(^_^;)

 

車で訪れることを考えている場合は、
下記の4つの駐車場を利用してくださいとのことでした。

 

 

 

山形国際交流プラザ 山形ビックウィング

 



 

 

 

山形市中央駐車場

 



 

 

山形市立第一中学校 東側県庁駐車場

 

 

山形県庁駐車場

 

※満車の場合は七日町駐車場を利用して下さいとのことです。

 

 

 

混雑はしますが、山形の芋煮は本当に美味しくておすすめなので
訪れる予定のある方は、是非楽しんできて下さいね(^^)






スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク