健康寿命を延ばすには何がいい?今からでも出来る大切な考え方

スポンサードリンク

 

 

健康でいつまでもいたい・・・
病気で寝たきりにならずに、いつでも自分の足で歩きたい
そう思う人がほとんどなのではないでしょうか?

 

このように、健康で自立して暮らせる期間のことを
【健康寿命】と言います。

 

 

健康寿命を延ばしたい!そう願う人が
多いのではと思います。

 

 

そこで健康寿命を延ばすのに何が大事なのか調べてみました。
良かったら参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

3つの要素
 

 

 

健康寿命を延ばすために大切な3つの要素があります。

 

1.食事

2.運動

3.ストレス

 

の3つです。

 

 

 

なんか当たり前な感じだなぁ~と思うかもしれませんが、
逆を言うと、この当たり前のことがきちんと出来ているか否かが
健康寿命を決めるのかと思うと、ちょっと怖いですよね(^_^;)

 

 

でも、よくよく考えると長生きしている人って、
イライラ怒ってばかりの人って見たことないですし
(穏やかな人が多い気がします。)

 

100歳で太ってる人って見たことないです。

 

 

結局、早寝早起き、腹八分、適度な運動、
笑顔ニコニコ(^^)

 

こんな感じの人が、健康でいられるんだなと。

 

 

 

自分はそれが出来ているのか?と聞かれたら
「YES!」とはとても言えないので、
気を付けないといけないなと思いました。

 

 

 

 
食事
 

 

 

では、具体的にどのような食事がいいのか、
バランス良くとか、そういうのは何となく想像つくけど・・・
結局何がいいのか。

 

 

健康で長生きするためには、老化を防がなければなりません。
老化を防ぐためには、『抗酸化作用』のある食品を取ることが大事になります。

 

 

その中でも、特におすすめなのが
【バナナ】



 

 

調理の必要もないし、そのまま1本食べればいいだけだから。

 

 

料理が苦手とか面倒とか言う人でも
手軽に食べられるし、ほんといいと思います。

 

 

あと調べてみると、【アボカド】がいいとのこと。

 

 



 

 

老化を防ぐだけでなく、美肌を保ちシワを予防する働きがあるので
女性には特におすすめです。

 

 

 

その他にも、緑黄色野菜(ニンジンやかぼちゃ、ほうれんそう、ブロッコリーなど)
にんにく、生姜、緑茶、魚介類
、この辺りがいいようです。

 

 

あと蕎麦!蕎麦は好きなのでどんどん食べようと思います。

 

 

でも、あくまでバランス良く腹八分で食べることが大事なので
食べ過ぎには注意して下さいね(^^)

 

 

 
運動
 

 

 

健康寿命を延ばしたければ、運動は欠かせないものになります。

 

人間衰えるのが早いのは足腰からと言われていて、
残念ながらゴロゴロして、食べて寝てみたいな生活をしていては
健康を長く保つのは難しいでしょう。

 

 

手は、イヤでも動かさなければなりません。
ご飯を食べるにしても、歯を磨くにしても、スマホをいじるにしても
何をするにも手は動かす必要があります。

 

一方、足はというと、
デスクワークでず~っと座っていれば、
足を動かす必要はありません。

 

家の中にいることが多い人は
一日で1000歩も歩かないと思います。

 

足は、意識的に歩く。走る。
ということを心掛けないと、
手のように動かさないのでどんどん衰えます。

 

 

何となく想像できると思いますが、筋肉が衰えれば
脂肪が増えます。

 

脂肪が増えて動かなければ、肥満になります。

 

 

健康にとって肥満って、何一ついいことないです。
高血圧に糖尿病、心筋梗塞、脳卒中のリスクが
急激に高まります。

 

まさに百害あって一利なし。

 

 

肥満は健康寿命にとって天敵です。

 

 

でも、運動しなきゃと思うと
何となく億劫な気持ちになりますよね。

 

そこでおすすめなのが【散歩】です。

 

 

普段近場でも車を使っていたところを
ちょっと歩いてみる。

 

まずはそこから始めてみてはいいのではと思います。

 

 

運動が好きな人なら、ウォーキングにランニング。
ちょっと筋トレして筋肉を付けたりすると
尚いいですね。

 

脂肪が全くないというのもダメだと思いますが、
必要以上にあるのは大病の原因になるので、
体を動かしていきましょう。

 

 

 
ストレス
 

 

 

ストレスを受けると、大量の活性酸素が発生します。

 

ちなみに活性酸素とは、酸素を吸えば出来るものなので
誰にでも発生します。

 

体にとって必要なものでもあるのですが、
過剰に増えると老化が進んだり、病気を引き起こす原因になるものです。

 

 

学校や職場、地域と関わっていると、
何かしらのストレスは感じてしまいますが

 

あまり考えすぎず、他人と比較せず、
人は人、自分は自分と思うことが大事です。

 

周りに振り回されない、ムリをしない、
これだけでだいぶストレスは軽減されます。

 

 

自分の思い通りにならないからストレスを感じるわけで、
思い通りにうまく進むこともあれば、うまくいかないこともある、
こう思えるようになれば、ストレスも溜まりにくくなるのではと。

 

ストレスも健康寿命の敵になるので、
趣味とか好きなことを見つけて、
少し楽な気持ちで生活していきましょう。

 

 

健康寿命を延ばすためには、バランス良く食事をして、
体を動かして、趣味とか好きなこと見つけて、
当たり前のことをどれだけ実践するかにかかっているとわかりました。

 

 

全てをこなそうとすると大変なので
まずは出来るところから始めてみて下さい。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク