無双庵、山形で若者に人気のラーメン店に行ってみた感想

スポンサードリンク



山形のラーメン屋さんで【無双庵】って知ってますか?


ラーメンWalkerにもよく取り上げられる人気店で
一度行ってみたい!!!常々そう思っていました。



実際に食べに行ってきたので、
食べた見ての感想や駐車場、
お客さんの入り状況などなどまとめてみました。



良かったら参考にしてみて下さい。




無双庵の基本情報









*********************************

住所:山形県山形市久保田2-1-6

営業時間:11:00~15:00 ※スープがなくなり次第終了

定休日:月曜日

駐車場:15台

*********************************



定休日は月曜日。
スープがなくなり次第終了ということなので
早めに行くことをおすすめします。



ちなみに私は、11時30分前に行きましたが、
既に駐車場はいっぱいでした(^_^;)



確実に駐車場に停めるためには
開店前に行くくらいの感じじゃないとダメみたいです




駐車場はそこまで広くないので
早めに行きましょう。



無双庵に行ってみた感想




初めて行ってみたのですが、
車で行くなら大きい道路を行くのがいいので
ヤマザワさんを目印にするといいと思います。



ヤマザワが見えたら曲がる。
これを意識すれば道に迷うことは
ないんじゃないかなと。




ヤマザワから南の方に向かうと
ありました!!!







私の指が写り込んでしまっていますが
そこは気にしないで下さい(^_^;)




駐車場から出て、すぐの入り口がこちら。







ワクワクしながらお店に入ると
券売機が見えてきます。



お客さんで混んでいたので
写真撮影は遠慮してしまいました。
(今思うと、恥ずかしくても撮ればよかったと後悔しております)



私は辛味噌ラーメンが大好きなので
『無双の海老辛みそ』を選びました。



券売機のところに書いてあるのですが、
麺の硬さや味の濃さ、脂の量など
調整してもらえる
とのことなので


自分好みにセレクトして貰えるのも
ちょっと嬉しく感じます(^^)




大学生 鈴木さん
味だけでなく野菜増しも無料で出来るのでお得!

OL 宮崎さん
若い女性のお客さんもたくさん来店してるので女性にもおすすめね




ここで1つ注意点!!!



お店に入ったら、券売機の近くに紙があるので
そこに自分の名前を書きましょう




店員さんは、その名前を見て座席に案内するので
名前を書かないと、後から来た人に抜かれちゃうかも
しれないので、そこだけは気を付けましょう。



まぁ、開店と同時に席に着いた場合は
店員さんも把握してくれるとは思いますが、
席が既にいっぱいの時は紙に名前を真っ先に書いて下さいね。


それから券売機でメニューを選びましょう。






自分は初めての来店だったので、野菜増しとか味の要望は出さずに
どノーマルの海老みそラーメンでいきました。



正直、一度行っただけでは、自分好みの組み合わせは
まだわからないので、何度か行って見つけたいと思います。



しばらく待っていると、ドドーンと着丼。








半分に切られた煮玉子が2個、チャーシューが3枚、メンマ、
シャキシャキの野菜に大きな海苔が2枚。


見た目良しです(^^)




スープを飲んでみます。


魚介系のスープに海老の香りがしました。
味音痴の私でもわかります。


スープはちょっととろみがあって
濃厚な感じ。


麺は中太ちぢれで私好みでした。



食べてみての感想は
やっぱりスープですね。
海老の香りというか味がわかります。



量的には並盛りで
ちょうど良かったです。



ただ、高校生とか大学生とか
もりもり食べる世代だと
大盛りがいいかなと思います。




食べ終わって店を逆側から出て、
メインの入口をパシャリ撮影。








ラーメンWalkerに書いてあったのですが、
無双庵の店主が東京に居た頃、
色々とラーメンを食べてきて、


なかなか好みのラーメン店に出会えなかったのだとか。
だったら自分で作ってまえ!!!というのがきっかけだったと
いうことです。



私なら、ここは美味しかった、
ここはあまり好みではなかったとは言うけど
自分で作ろうとは思わないので、その行動力が凄いですね!!!



そういう店主ですから、ラーメンへのこだわりは
相当に強いものがあると思います。



もしよかったら一度
【無双庵】で店主こだわりのラーメンを食べてみて下さい。





それでは最後までお読み頂き
ありがとうございました。




スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク