初詣とは?いつまでに行けばいいの?正しい参拝のやり方は?

スポンサードリンク

初詣とは?




初詣は、お正月にお参りに行くもの
とまでは皆さん認識あるようです。



そもそも、なぜお正月だけ初詣と呼ぶのでしょうか?



元々は一家の家長が祈願するために

大晦日の夜から元旦の朝まで
氏神様の社に籠る『年籠り』という風習がありました。



2014-11-26_234545




それが、現在の


大晦日の『除夜詣』と
元旦の『元旦詣』に分けられ


初詣の元が『元旦詣』と言われています。



江戸時代末期頃までは

その年の縁起の良い方角である恵方の神社に参ること
『恵方詣』が主流だったようです。



明治以降になると氏神様や恵方に関わらず
自由に神社仏閣への参拝が通常化されました。



その裏では鉄道の普及によるものと言われています。



明治時代に鉄道という便利な乗り物が出来て、
有名な神社仏閣へのお参りが可能になりました。




初詣は、お参りするという認識はありますが



「実際何を願えばいいの?」

という方もいるでしょう。




今年1年が良い年になるように祈ることが
一般的のようです。





初詣はいつまでに行けばいいの?




いろいろな説があるようです。



1.元旦のお参り

2.お正月三が日のお参り

3.1月中のお参り



一般的にはお正月三が日のお参りを指す方が
多いようです。




特には決まりも無いみたいなので
人によって様々みたいです。




初詣、正しい参拝のやり方は?




<神社の場合>








1.鳥居の前で浅く一礼する。



神様を敬います。

真ん中は神様の通る道と言われるため
真ん中を避けて歩きます。




2.手水舎(てみずや・ちょうずや)で身を清める。



1) 柄杓を右手に持ちます。

2) 柄杓に水を入れます。



この入れた水で3)から9)を行います。



3) 左手を洗います。

4) 右手に柄杓を持ち替えます。

5) 右手を洗います。

6) 左手に柄杓を持ち替えます。

7) 左手の平に水を少し取って口をゆすぎます。

8) 左手を洗います。

9) 柄杓を縦にして持ち手を洗います。

10)柄杓を伏せて元の位置に戻します。




3.参拝する



1) 浅く一礼する。


鈴がある場合はここで鳴らす。



2) お賽銭箱にお賽銭をそっと入れます。



3) 二拝二拍手一拝を行う。




2回深くお辞儀します。

胸の前で、右手が少し下になるようにして2回拍手します。




祈ります。



 自分の住所と名前を告げ、
 神様に感謝とお願い事をします。


1回深くお辞儀します。




以前、大分県の宇佐神宮総本山へ訪れた時に
二拝四礼一拝とあり、びっくりしました。



出雲大社と宇佐神宮では二拝四礼一拝になります。
行かれる方はご注意!



4.鳥居を出た後、振り返って浅くお辞儀します。





<お寺の場合>



2014-11-26_235523




1.山門の前で浅くお辞儀


 真ん中は避けて端を歩きます。



2.手水舎で身を清めます。(神社と同じ)



3.お線香をあげる。



他の方のろうそくから火を貰わないよう注意!
他の方の「業」をもらいうけてしまうため。




4参拝する。



1) 浅く一礼する。

2) お賽銭をそっと入れる。

3) 鈴を鳴らす。

4) 合掌を胸の前で行う。

5) 祈ります。

6) 浅く一礼する。




意外と知らないことも多いのではないでしょうか?


私自身は、
伊勢神宮のガイドさんから教わりました。




それ以降は、作法通りにお参りしていますが




作法通りの方が

神様への感謝も伝わりやすく
願いも聞き入れてもらいやすいのではと

勝手に思っております。




2015年の初詣は作法を正して
良い年になりますように。




スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク