七草粥の由来って何?いつ食べるの?美味しい作り方は?

スポンサードリンク


七草粥の由来って何?




お正月を過ぎるとよく聞くのが

「お正月太り」

ではないでしょうか?




お正月は、お外は寒いし、
初詣以外に行くところも特にないし


ついつい、家にこもって
おいしいおせち、お雑煮、お餅を


食べてはこたつで寝ての繰り返し





もしくは、おせちつまみながら日本酒呑んで
という方も多いはず。




お正月太りというからには、
胃も休みなく働かせていることになります。





お正月も1月7日頃には
学校も始まり、仕事先も年始のごあいさつも終わっている頃



お正月、胃を使いすぎたため
胃を休ませるために



七草粥を頂く

というのが1つの由来です。




お正月、食べ過ぎ飲み過ぎから胃を休ませるために、七草粥がおすすめです





もうひとつは、


1年間、無病息災で過ごせますようにという
願いを込めて食べられるとも言われています。



実は、この七草粥の行事は、
平安時代から行われているというから
古い歴史のあるものなのです。



一般に定着したのは、江戸時代です。





七草粥いつ食べるの?




一般には、

五節句の一つ、人日(じんじつ)と呼ばれる

1月7日の朝に食べます。





1月7日は七草の節句とも言われています。





中国の漢の時代の由来から来ています。



1月1日は鶏の日
1月2日は狛(犬)の日
1月3日は猪(豚)の日
1月4日は羊の日
1月5日は牛の日
1月6日は馬の日



当日はその指定した動物を
殺さないとしていました。




1月7日は人の日(人日)


人を殺さないイコール
犯罪者の刑罰は行わない日としました。



それに加えて中国では、
7種類の若菜を入れたスープを食べる習慣があったので
日本にそのことが伝わって七草粥となりました。




地方によって食べる日が異なる場合があります。



徳島県のある地域では、
旧暦の1月7日


島根県や新潟県のある地域では、
2月7日に食べます。





七草粥の美味しい作り方は?




作り方の前に

七草の材料って何?



実は、地方によって異なるって知ってました?




ありあわせの青菜類を入れるところや
根野菜を入れるところもあります。




関東地方の一般的な例をあげると


芹(セリ)、薺(ナズナ)、菘(スズナ)、繁縷(ハコベラ)、
蘿蔔(スズシロ)、仏の座(ホトケノザ)、御形(ゴギョウ)




となります。




2014-12-16_223637





ご自身の地方で一般的な食材を
ご利用になられるといいと思います。



作り方は、


1月6日の夜に

七草をまな板の上で
包丁の背で叩いて細かくします。



1月7日の朝、
炊飯器のお粥モードでおかゆを炊いて、



6日に仕込んだ七草を入れて混ぜて
七草粥が完成します。





味気が欲しい場合や
生草さを無くしたい場合は、


鍋におかゆと七草と一緒に塩を少々入れて
少し煮込むといいですよ。



中華風にするのもおすすめです。




おかゆに七草と鶏ガラスープの素と
お塩ひとつまみ入れて弱火で煮込むと
美味しいです。



最後にゴマ油をたらして食べると
風味が出ておいしいですよ。




1月7日は、
無病息災を祈って七草粥で
良い一年になるようにしましょう。






スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク