» 年末年始のブログ記事





大阪は、残念ながら陽が昇る東側に海がありません。
そのため、海からの日の出は眺めることができませんが、
雄大な山と日の出のコラボレーションを楽しむことができますよね。



今回は、そんな山を楽しめる、3タイプのスポットを探してみました。
定番から穴場まで揃え、ご家族からカップルまで、
楽しんで頂けるかとうれしいです。


それでは、3か所を見ていきましょう。







梅田スカイビルの空中庭園展望台





まず、1ヵ所目は、大定番の「梅田スカイビルの空中庭園展望台」です。
北区にある、梅田スカイビルの39Fから40F、屋上の部分になります。




2015-12-28_215303
引用:OSAKAINFO





シースルーのエレベーターとエスカレーターを使って昇れるのは、
地上173mの屋上展望台です。


「空中庭園・初日の出2016」と銘打って、皆さんと日の出を楽しもうという企画があります。
ルミ・スカイ・ウォークと言われる、屋上からは、360°のパノラマ景色が見られますよ。
遠く生駒山系から上る日の出は、手前のビル街とのコントラストが綺麗です。





アクセスとしては、JR大阪駅から徒歩7分、もしくは、
阪急梅田駅、地下鉄御堂筋線梅田駅から徒歩9分ほどの所にあります。


お車で出かけられる場合には、460台分ある、こちらの駐車場(1時間で400円)をご利用下さい。
施設は、早朝5時オープンになります。



日の出予想時刻は、7時5分頃となっていますが、
この施設からは30分遅れぐらいで初日の出が見られるようです。

屋上で風も強く寒さも厳しいので、防寒対策をしっかりとして下さいね。







金剛山





次は、千早赤阪村の「金剛山」はいかがでしょうか。
大阪で一番早く初日の出を拝むことができる場所になります。




2015-12-28_220048
引用:OSAKAINFO





大峰山脈からの初日の出は、神秘的な感じがしますね。
ちはや園地のログハウス前の広場では、早朝5時から先着200名にお酒を、
1000名にはぜんざいがふるまわれるイベントがあります。
5時半からはロープウェイの乗車券を持っている人限定で、お楽しみ抽選会も行われますよ。





公共交通機関では、南海高野線河内長野駅と近鉄長野線富田林駅から、それぞれバスが出ています
ロープウェイ前バス停から、ロープウェイの駅までは徒歩約10分ですよ。


車の場合には、国道309号線で千早赤阪村に着いたら、そこから府道705号線で金剛山まで行けます。
府道の終点場所に342台分の府営の駐車場(1回600円)があり、7時から19時まで利用できます。





元旦には午前4時から使えますよ。駐車場からロープウェイまでは徒歩約10分です。
元旦は、午前5時からロープウェイが運行されます。約6分の空の旅ですね。
大人は片道720円、子どもは片道360円の運賃となります。



早めの便に乗れば、ちはや園地の展望台やピクニック広場での初日の出が楽しめるでしょう。
日の出予想時刻は、7時頃となっています。







信貴生駒スカイライン





最後に、「信貴生駒スカイライン」はいかがでしょうか。
この道沿いのいくつかの場所から、大和高原方面から昇る初日の出を拝むことができます。




2015-12-28_220526
引用:旅色





奈良盆地が一望できる暗峠の近辺や、鐘の鳴る展望台が人気があります。
元旦のみ無料開放される生駒山上遊園地駐車場から見るのもいいですよ。
有料道路区間内の駐車場は無料になっており、有料道路区間外の駐車場は有料です。
通行料については、利用する道路ごとに設定されていますので、ご確認ください。



信貴生駒スカイラインを利用して昇っていきますが、
大晦日の22時から元旦の7時には、宝山寺の初詣に伴い周辺道路に交通規制がかかります。
こちらもチェックしておいて下さいね。
日の出予想時刻は、7時頃となっています。






3か所を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
山から昇る日の出も、その周辺の景色によって様々な表情を見せてくれますよ。



一緒に行かれる方によって、目的の場所を決められるのもいいでしょう。
どこでも外で待つ場合には、寒さが厳しいことが予想されます。
防寒用具は忘れないようにして下さいね。











広大な自然の大地が広がる北海道で、初日の出を拝んでみませんか?
素晴らしい景色に、心も洗われること間違いなしですよ。



東西南北に海岸線があり、豊かな自然がある北海道には、
他のものに邪魔をされず、初日の出を眺めることのできるスポットが数多くあります。





今回は、他の都道府県では、ちょっと見ることができないような初日の出を
眺められるスポットを探してみました。


北海道に住んでおられる方、もしくは、元旦に北海道を訪れる予定のある方、
お近くにスポットがあるのか、見て下さいね。







宗谷岬





まず1つ目には、稚内市の「宗谷岬」はいかがでしょうか。
日本では、一番北の地での初日の出となりますね。




2015-12-25_220516
引用:NAVERまとめ





当日は、「初日の出inてっぺん2016」と題したイベントが行われます。



日本最北端の地の碑の周辺で、5時半から8時まで開催されます。
かがり火への点火や打ち上げ花火、先着1000名への記念品贈呈がありますよ。


みんなで盛り上がりながら、日の出を待つイベントになっています。
友達や家族と待つのもいいですが、お祭りのような雰囲気も楽しそうですね。




アクセスとしては、JR稚内駅より、車で約40分の所です。
約80台の駐車スペースがありますが、大晦日から元旦にかけては、
例年、交通規制が敷かれますので、ご注意ください。
初日の出の予想時刻は、7時13分頃となっています。






美幌峠





次は、美幌町の「美幌峠」はいかがでしょうか。
こちらは、阿寒国立公園内に位置する標高525mの眺望抜群の峠になります。




2015-12-25_220729
引用:さっぽろもぐ~





日本最大のカルデラ湖である「屈斜路湖」も見え、とても美しい初日の出ですよね。
こちらでは、「初日の出フェスティバル」というイベントが行われます。


美幌峠レストハウスが午前6時から8時まで開放されますから、
寒さの苦手な方は、2階無料展望休憩室から初日の出を見られるのもいいですよ。



ビンゴゲーム大会もあり、1枚500円のビンゴカードで500円以上の景品をゲットしませんか。
新年早々の運だめしにいかがでしょうか。




アクセスとしては、JR美幌駅から車で約30分の所にあります。
駐車場も138台分が用意されていますので、こちらをご利用下さいね。


天候によっては、道路の交通規制がありますので、ご注意ください。
初日の出の予想時刻は、6時50分頃となっています。







「地球岬」





最後に、室蘭市の「地球岬」をおすすめします。
こちらは、「北海道の自然100選」や「新日本観光地百」で1位に選ばれたこともある景勝地です。




2015-12-25_221027
引用:Boy.





海抜130mの断崖絶壁の上にある展望台からは、360°の大パノラマを見られます。
その名の通り、地球が丸いということを実感できることでしょう。



どこまでも続く太平洋の水平線を眺めていると、景色に吸い込まれそうです。
初日の出の時間帯には、例年、地元の有志の方によるドリンクサービスが行われていますよ。
冷え切った体が温まりそうですね。




アクセスとしては、JR母恋駅から徒歩で約35分か、または車で約10分の所にあります。
駐車場は40台ほどありますが、例年、年越しから午前8時まで、
近辺の道路には交通規制がありますのでご注意ください。
初日の出の予想時刻は、7時05分頃となっています。





さて、3つの場所を見てきましたがいかがでしたでしょうか。
行ってみたいスポットなどはありましたか?
北海道だからこその場所ばかりでしたね。



雪もあり、寒さも厳しいので、防寒対策をしっかりとして初日の出に臨みましょう。
また、日の出時間がそれぞれ違いますので、確認をして下さいね。











静岡県は、東西に長く海岸線をもつ県ですよね。
そのため、初日の出を見られるスポットがたくさんあるんです。



初日の出は、どこで見たいというのが決まっていない方は、
参考にしていただけたらと思います。




今回は、3つの種類のスポットに絞ってみました。
それぞれが違った趣があり、お好みの景色があれば幸いです。
さて、それではどんな場所があるのでしょうか、見ていきましょう。







石廊崎





まず、1ヵ所目は、南伊豆町の「石廊崎」です。
こちらは、伊豆半島の最南端にある、太平洋へ突き出すようにした断崖絶壁の景勝地です。




2015-12-24_163038
引用:写真俳句・無一庵





どこまでも続く水平線からの日の出は絶景ですよね。
それを観賞した後には、岬の先端にある石室神社で初詣をすることもできますよ。



なんとこの石室神社は、創立が大宝元年(701年)と言われており、大変古いものです。
太い帆柱の上の社殿は、伊豆の七不思議にもなっています。





アクセスとしては、伊東線「伊東駅」から伊豆急行に乗り換え、「伊豆急下田駅」で下車し、
バスの「石廊崎港口」で降りたら、徒歩3分のところにあります。


ただし、早朝の場合には、車で行かれたほうがいいと思います。
駐車場は、石廊崎港駐車(100台、1回500円)をご利用下さい。
日の出予想時刻は、6時52分です。







グランシップ





2か所目は、静岡市駿河区の「グランシップ」はいかがでしょうか。
正式名称を「静岡県コンベンションアーツセンター」という県立の文化施設です。




2015-12-24_163544
引用:年末年始ガイド2015-2016





その名前の通り、舟形をした建物には、10階に一面ガラス張りの展望ロビーが設けられています。
そちらからは、富士山とともに、初日の出を楽しむことができますよ。



「一富士、二鷹、三茄」といわれますが、その富士を元旦から拝むことができるのです。
日本平の景色も眺められますし、素敵じゃありませんか。
数に限りはありますが、コーヒーや甘酒のふるまいもありますよ。





アクセスとしては、JR「東静岡駅」から徒歩約3分か、
静岡鉄道「長沼駅」から徒歩約10分の所にあります。



お車の場合には、400台止められる駐車場(1時間200円)をご利用下さい。
日の出予想時刻は、6時54分です。
エントランスオープンは、6時30分となりますので、ご注意ください。







十国峠





3か所目は、函南町の「十国峠」を紹介します。
熱海と箱根の中間に位置する十国峠では、なんと360°の大パノラマを楽しめます。




2015-12-24_163847
引用:アットエス





十国峠の山頂は、標高約770mで見晴らしがよく、海も山も眺められます。
峠の名前は、昔の国の名前で「伊豆」「駿河」「遠江」「甲斐」「信濃」
「相模」「武蔵」「上総」「下総」「安房」の十の国がここから見渡せたことに由来しています。



その眺望の良さは、昔からすばらしかったということですね。
初日の出は、相模湾から昇るのですが、方向を変えれば、富士山も見られます。





アクセスとしては、ケーブルカーが早朝5時から運行されていて、
全長316mを約3分で登ることができますよ。



こちらは、往復で、大人720円、こども360円の運賃です。
お車の場合には、無料駐車場が320台ありますので、こちらをご利用下さい。
日の出予想時刻は、6時50分頃です。






初日の出というのは、その日の天候に左右されるもの。
どうか晴天に恵まれますように、
そして、みなさんの1年が気持ちよくスタートできますように、
心からお祈りいたします。



そして、静岡県はその地形より、日の出の時間が少しずつ違いますので、
そちらはご注意頂けたらと思います。



それでは素敵な一年のスタートになりますように。










神奈川県は長い海岸線がありますから、初日の出も、海から上がる所を
見たいという方が多いのではないでしょうか。


一般的に、○○海岸と言われる場所は、見えるはず。
しかし、そういった場所は人出も多いものです。



そこで、海水浴場になっていないような海岸線の場所を探してみました。
少し足場が悪かったりもしますが、ちょっとプラスαのお得ポイントもあったりします。
3か所探してみましたので、参考にしてみて下さいね。







横浜港大さん橋国際客船ターミナル





まず1ヵ所目は、横浜市中区の「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」です。
別名「メリケン波止場」とも呼ばれるこの桟橋には、2002年にターミナルが建設されました。
その建物は、長さ約430m、最高高さ約15m、幅約70mもの大きなものです。




2015-12-22_230110
引用:NAVERまとめ





こちらの施設では、カウントダウンから始まり、
日の出までイベントが盛りだくさん用意されています。


前日からいても、日の出まで飽きることなく楽しめそうですよ。
施設の入場もこちらのイベントも無料になっています。





屋上広場で見れば、ベイブリッジの右手からの初日の出を臨めるでしょう。
天気がいいと、ビルの合間に富士山がのぞくこともあるそうですよ。


大きな施設ですから、人が多くても大丈夫そうです。
駐車場も24時間利用できます。



電車の場合には、みなとみらい線「日本大通り駅」で下車して、
3番出口から出たら、徒歩約7分の所にあります。







白浜毘沙門天





次に、紹介するのは、三浦市の「白浜毘沙門天」はいかがですか。
三浦半島にある海岸の中でも珍しい植物が自生する場所で、
視界を遮るものは何もない、絶好の初日の出を見られる場所です。




2015-12-22_230433
引用:NAVERまとめ





砂浜の海岸ではなく、岩場ですから、そちらを歩く時には履物にも注意が必要ですね。
また、トイレなどもない自然の場所ですから、そちらもご注意を。
自然の雄大さを感じたいという方におすすめのスポットです。




毘沙門天入口のバス停からそのまま細い道を下っていくと浜辺に出られるのですが、
少々分かりにくいために、人出は少なめになります。


車で行けば、台数も少なめなので、車の中からでも眺められます。
日の出の頃は、寒さも厳しいので、こういった見方もいいのではないでしょうか。







川崎区浮島町公園





最後に、川崎市の「川崎区浮島町公園」はいかがでしょうか。
こちらのポイントは、羽田空港の滑走路の桟橋から上ってくる初日の出を見られることです。




2015-12-22_231002
引用:釣りレコ





タイミングが良ければ、飛行機や海を悠々と進む船のシルエットとともに楽しむことができますよ。
なかなか見られない素敵な光景を眺められそうでわくわくしますね。





ただし、こちらは川崎の臨海工業地帯にある小さな公園なので、駐車場などはありません。
唯一の交通手段は、JR川崎駅から市営バス「川03」系統の
浮島バスターミナル行き「浮島町公園入口」を使うことなのです。


どうしてもという方は、近くのパーキングを利用するといいですよ。
交通手段が少ないため、人出はかなり少なくなります。
穴場をお探しの方はおすすめですよ。





さて、3つの場所を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
どちらの場所も、日の出の予想時間は、6時50分ほどです。
朝の冷え込みが厳しい時間帯ですので、寒さ対策はして下さいね。
皆さんが御来光を楽しめますように。











新年にデートをするなら、一緒に初詣に行きたいと思いませんか?
そこで、住吉大社へ行かれるのはいかがでしょうか。


住吉大社は、地元では「すみよっさん」と親しまれた神社で、
その三が日の参拝者数もとても多くて知られています。
約250万人もの人が、訪れるのだそうです。




そんな住吉大社へ、できるだけ混雑を回避しながら、
デートを楽しめるようなプランを考えてみました。
参考にしていただけたらうれしいです。







まずは、住吉大社について少し学んでみましょう。




2015-12-18_230147
引用:神社人





住吉大社とは、摂津国の中でも由緒が深く、「一の宮」という社格で
人々に親しまれてきた神社です。


すでに、摂津というだけで、その古さがうかがえますよね。
全国に2300余りもある住吉神社の総本社でもあります。





御祭神としては、


第一本宮は、底筒男命(そこつつのおのみこと)
第二本宮は、中筒男命(なかつつのおのみこと)
第三本宮は、表筒男命(うはつつのおのみこと)
第四本宮は、神功皇后(じんぐうこうごう)つまり、第14代の仲哀天皇皇后が
祀られています。



国宝となっている本殿4棟を始め、
敷地内には、13棟もの重要文化財があります。







次に、お正月の参拝できる時間は、



12月31日の大晦日は、17時に一度閉門され、22時から開門となります。
閉門されている時間があるので、注意が必要ですね。


1月1日の元旦は、年越しから22時まで
1月2、3日は、6時から21時まで。
1月4、5日は、6時から18時まで。
1月6日は、6時から17時まで。
1月7日以降は、通常通りの6時30分から17時となっています。





この中でもピークの参拝時間は、年越しから午前3時頃と言われています。
大晦日の開門と同時ぐらいに入って、年越しの辺りでの参拝か、
元旦の早朝の参拝でしたら、並ぶ時間も少し少なくなりそうです。



ただし、寒さは厳しいので、防寒対策は万全にしたほうがいいですね。
もしくは、夕方の16時以降の閉門までの時間を狙われるといいでしょう。








では、この参拝と合わせていきたいデートスポットはどこなのでしょうか。
大晦日の開門を狙う場合には、その前の時間に、
天王寺公園の「あべの・天王寺イルミナージュ」はいかがですか。




2015-12-18_230739
引用:ぐるなび





天王寺動物園の100周年の記念のイベントともなっているこのイルミネーションでは、
101頭もの光の動物たちが出迎えてくれますよ。
点灯時間が21時30分までとなっていますので、それからの参拝にはもってこいです。
レギュラーチケットは、大人1000円となっています。








または、早朝の参拝を狙う場合には、その参拝の後に、
「ハルカス300(あべのハルカス)」へ行かれるのはどうでしょう。




2015-12-18_231121
引用:あべの経済新聞





元旦は、特別営業をしており、早朝6時から入ることができます。
チケットは、大人1500円となっています。
新年の初日の出を、素晴らしい場所で眺められるのもいいと思います。







アクセスとしては、南海鉄道を使われる場合には、


南海本線の「住吉大社駅」から東へ徒歩3分、もしくは、
南海高野線の「住吉東駅」から西へ徒歩5分の所にあります。
阪堺電気軌道を使われる場合には、
阪堺線 の「住吉鳥居前駅」から徒歩0分、もしくは、
(路面電車) 阪堺線の「住吉公園駅」から徒歩2分の所にあります。



大変交通の便がよい所にありますし、
お正月には、周辺道路に交通規制が敷かれますので、
車やバイクなどでのおでかけは、極力控えられたほうがいいと思います。





さて、デートスポットと合わせてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。
始めての方も、何度も行ったことのある方も、
大晦日や元旦は、少し違った雰囲気も楽しめると思いますよ。



素敵な年始を、住吉大社で是非迎えて下さいね。












初詣の参拝に行く場所は、もう決まっていますか。
まだこれからだ、という方に、「明治神宮」はいかがでしょうか?


初詣の人出は、全国でも1位になるほど多く、300万人とも言われます。
しかし、それだけ参拝したい人が多いということですよね。



そこで、御利益にあやかりながら、できるだけ人ごみを避けられる時間帯を探し、
さらに、デートとして行かれるのによいコースを探してみました。
開門している時間や、アクセスも含めしっかりと学んでから行かれるといいですよ。







まず、明治神宮について少し学んでおきましょう。




2015-12-16_203823
引用:Find Travel





明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りしている神社です。
神宮御鎮座にあたって献木された365種類の10万本もの木は植栽され、
現在では立派に成長して、明治神宮の杜となりました。



人工林ですが、その広さは70万平方メートルもあり、広大な森です。
その青々とした森の中に本殿などがあり、散歩に訪れる方も多いようです。
都会の中のオアシスのような感じなのでしょうね。






普段は、静かなこの森も、お正月だけは様相が変わります。




2015-12-16_204201
引用:MERY





見渡す限りの人だかり、これだけでうんざりしてしまいますね。
この行列は、最寄りの駅からつながっています。




開閉門時間を確認すると、


12月31日の大みそかは、朝6時40分から終日。
1月1日の元旦は、前日より19時まで。
1月2、3日は、6時40分から18時30分まで。
1月4日は、6時40分から18時まで。
1月5日からは、6時40分から16時20分まで。

となっています。





この中で、できるだけ並ばずに参拝できる時間帯はどこなのでしょうか。




1つには、年越し前の22時頃から並ぶ。
ピークほどは並ばず参拝できるので、ちょうど年越しでお参りをする感じになります。


2つ目には、年越しのピークを過ぎた、元旦の午前4時~6時頃
元旦の早朝ということもあって、寒さはありますが、待ち時間は減ります。


最後に、三が日は諦めて、4日以降にお参りをする。
比較的すき始め、1時間程度でお参りができるようです。






次に、明治神宮には3つの入口(原宿口、代々木口、参宮橋口)がありますが、
どこから入るのが一番良いのでしょうか。



南参道から入る場合には、
JR山手線原宿駅から徒歩2分、もしくは、東京メトロ千代田線明治神宮前駅より徒歩1分ですが、
アクセスのよさから一番混み合います。
できれば避けたほうがよさそうです。


北参道から入る場合には、
JR山手線代々木駅から徒歩5分、もしくは、東京メトロ副都心線北参道駅より徒歩4分です。
こちらも、南参道ほどではありませんが混雑が予想されます。



一番のおすすめなのが西参道から入る場合です。
小田急線参宮橋駅から徒歩3分ですが、一番人出が少ないルートになります。
どちらの参道からでも本殿の前では合流することになるので、
できるだけすいている参道を通られるといいと思います。






デートとして参拝される時には、こういった混雑をできるだけ避けた後で、
屋台を楽しまれるといいと思います。




2015-12-16_204740
引用:NAVERまとめ





座席も用意されていて、神宮の中であることを忘れてしまいそうですね。
寒い時間を過ごした後に、ほかほかの屋台の食べ物を楽しむのもよさそうです。
ただし、お手洗いは混雑しますから、水分の取りすぎは注意したほうがいいですよ。





さて、明治神宮について少しは分かってきたでしょうか?
参考にして、楽しい参拝をしていただけると嬉しいです。


駅から行列ができるほど混み合っていますので、
帰りの改札を通る時にもスムーズに通れるように、
切符を買われる方は、往復で準備をされるといいですよ。



それでは、素敵な2016年のスタートを明治神宮で迎えて下さいね。










初詣に行く計画は立てられましたか?
鎌倉のシンボルとも言われる「鶴岡八幡宮」はいかがでしょうか。


今まで行ったことのある方も、初めてという方にも
初詣情報を調べてみました。




この鶴岡八幡宮には、開運、家内安全、縁結び、厄除の御利益
あると言われています。
そこで、デートコースに組まれるのもおすすめですよ。


しかし、参拝のために長時間並ぶのは、寒さもあり辛いですよね。
では、どんな時間帯に行けば、混みあわずに参拝できるのでしょうか。
チェックしてみましょう。







まずは、鶴岡八幡宮についてちょっと学んでみましょう。




2015-12-11_223831
引用:ウィキペディア





鶴岡八幡宮は、康平6年(1063)源頼義が奥州を平定したのちに、鎌倉に帰り、
源氏の氏神として京都にある石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりと言われています。
ずいぶんと古いお話ですよね。


治承4年(1180)には、現在の地へとうつされ、
建久2年(1191)には、上下両宮の現在の姿に整えられました。
つまり、すでに800年もの歴史がある所なんです。




★応神天皇(おうじんてんのう)
★比売神(ひめがみ)
★神功皇后(じんぐうこうごう)
が御祭神として祀られています。







次に、初詣についてみていきましょう。


12月31日から1月4日までは、24時間参拝することができ、
それ以降の1月5日からは、午前6時から午後9時となっています。




また、1月1日午前5時~ 元旦祭 本殿
1月3日午前8時~ 元始祭 本殿
1月4日午後1時~ 手斧始式(ちょうなはじめしき) 舞殿前
1月5日午前10時~ 除魔神事 舞殿西庭
などの行事があります。




正月三が日には、およそ250万人もの人が訪れるのだそうです。




2015-12-11_224017
引用:4travel.jp





大鳥居から舞殿までたどり着く前に、この混雑具合です。
そして、急な大石段を大人数で登っていくのは、大変危険なため、
警察による参拝規制も実施されています。


長い待ち時間のために、正面参道には250インチの大型映像装置がセットされ、
鶴岡八幡宮の四季の移ろいが楽しめますが、
できれば、あまり混み合った時間には行きたくないですよね。





そんな方には、早朝参拝をおすすめします。
午前4時頃から6時頃が一番、人出が少ないと言われていますよ。



年越しから午前3時頃のピークを過ぎたこの時間は、
大変冷え込むことやツアー客がいないことから混雑を回避できるようです。
防寒対策を万全にしてお参りして下さい。







デートコースとしては、参拝を終えられたら、
神苑ぼたん庭園を散策されてはいかがでしょうか。




2015-12-11_224306
引用:Travel.jp





源氏池の池畔に造られた回遊式庭園なのですが、
1月1日より拝観することができます。


午前9時~午後4時30分の間、大人は500円で楽しめますよ。
参拝を終えた後に、屋台で楽しみ時間を過ごさないと入場できないですが、
冬の霜よけのワラをかぶっている、「正月ぼたん」は素敵です。




また、源平池の東の島にある旗上弁財天社まで、足をのばしてみましょう。
その社殿裏にある政子石まで行かれるといいですよ。


北条政子の名前からとられた名をもつこの石は、
源頼朝が政子の安産を祈ったとされています。



夫婦円満の祈願石で姫石ともいいますよ。
縁結びや、子宝、安産といった御利益もあるそうです。
是非、行ってみて下さいね。





駐車場は、普通車は、たった40台分しかとめられませんが、
午前9時から午後7時30分まで、1時間600円で利用できます。
周辺は交通規制もありますし、決して多い駐車場ではないので、
できれば、公共交通機関で行かれることをおすすめします。





公共交通機関で行かれる場合には、
JR鎌倉駅の東口、もしくは、江ノ電鎌倉駅から徒歩10分程度になります。
こちらのほうが、確実かと思われます。



さて、鶴岡八幡宮についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。
年の初めによい参拝をして、よい1年を過ごせますように。











大宰府天満宮といえば、言わずと知れた学問の神様ですよね。
受験を控えている中学3年生、高校3年生や浪人生のみなさん、ご家族の方にとっては、
是非とも合格祈願に初詣に行きたい場所でしょう。
また、あらゆるテストを控える方にとっても大切な場所ですね。



しかし、有名であるということは、つまりは混雑するということに直結します。
ただでさえ寒い1月なのですから、できるだけ、スムーズに参拝をしたいと思いますよね。
そんな方に、大宰府天満宮についての情報を調べてみました。
参考にしていただけたら幸いです。






まずは、大宰府天満宮について学んでみましょう。




2015-12-07_215027
引用:MERY





大宰府天満宮には、学問の神様「菅原道真」公が祀られ、
学問・至誠・厄除けの神様として崇められています。
1年には、なんと700万人もの方が参拝に訪れています。
お正月だけでも200万人も初詣に訪れるのだそうです。
ものすごい人数ですよね。



開門時間を調べてみると、
12月31日の大晦日の6時30分に開門し、正月三ヶ日は24時間開門しています。
1月4日の夜は参拝人数の状況により、閉門してしまいます。





また、さまざまなお祭りもこの期間に行われています。


12月31日(大晦日) 除夜祭 22時30分~ 御本殿にて
1月 1日(元旦)   歳旦祭 7時~    御本殿にて
3日     元始祭 9時~     御本殿にて





混雑のピークは、大晦日からの年越しから午前3時
元旦の午前9時から午後3時ぐらいだと言われています。


また、当然ですが、御本殿でお祭りがおこなわれている時には
混み合うことが予想されます。




2015-12-07_215639
引用:4travel.jp





本当にたくさんの人が並ばれていますね。
これは、参道からずっと続いています。
この時間を避けられるのであれば、避けたいものです。
では、どのような時間に行けばよいのでしょうか。





元旦の午前4時から7時ころ
年越しの人出のピークをすぎ、早朝で暗く寒いためにすいているようです。
元旦の午後4時以降
こちらも昼のピークをすぎ、少しずつ寒く暗くなってくるためすいているようです。
正月三ヶ日の早朝と夜中
三ヶ日は24時間開門されているため、このような時間もおすすめです。



この中から、行くことができる時間帯を決められるといいでしょう。
ただし、どの時間にも相当に冷え込むので、防寒対策はして下さいね。





最後に、大宰府天満宮へは、どのように行けばいいのでしょうか。
年末年始については、周辺道路に交通規制がかかりますので、
できれば公共交通機関を使われたほうがいいでしょう。
西鉄電車の大宰府駅より徒歩5分ほどです。


どうしても車のほうが都合がよいという方は、
九州自動車道の太宰府I.Cより約15分ほど、
都市高速道路2号線でしたら、水城I.Cから約15分ほどです。
どちらのI.Cも混雑が予想されます。





さて、大宰府天満宮についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。
始めて行かれる方も、いつも行っている方も、
よいお参りができるといいですね。


初詣をすることによって、体調を崩すことがないように、
長時間待っても大丈夫な服装でお出かけ下さい。












川崎大師平間寺といえば、関東でも3本の指に入るぐらい
多くの参拝者が訪れることでも知られていますよね。


しかし、たとえ混んでいても、その御利益に与りたいという方も
いらっしゃるのではないでしょうか。




そこで、初詣に訪れるならば、どれぐらい混雑し、
どの時間帯ならば、あまり待たずに参拝できるのかを調べてみました。


一緒に行かれる方の年齢なども考慮し、
一番ふさわしい時間が見つかるといいですね。







まず、川崎大師について少し学んでみましょう。




2015-12-04_230418
引用:カワサキオンライン






こちらは、色々な災厄をはらっていただける「厄除大師」として親しまれており、
関東だけでなく全国から参拝者が訪れるところです。



総本山は京都東山七条の智積院であり、
成田山の新勝寺や高尾山の薬王院とともに、真言宗智山派の大本山のお寺となります。






年末年始の大本堂開扉時間は、




12月31日(大晦日) 午前6時~終日
1月 1日(元旦)  深夜~20時30分
1月2、3日    午前6時~19時30分
1月4日~7日   午前6時~18時30分
1月8日~31日   午前6時~18時
(例外として、日曜祝日は、午前6時~18時30分
       1月20日 午前6時~21時   
    1月21日 午前5時30分~18時30分)


となっています。






では、大晦日~元旦ならどの時間帯が良いのでしょうか?




2015-12-04_230815
引用:NAVERまとめ





人が途切れない時間は、プラカードを持った方たちに
誘導されるようにして参拝を行います。





おすすめの時間帯は、年越し前の22~23時頃
ちょっと早めの時間です。



紅白歌合戦や民放の番組を見てから
初詣に向かう人が多いので
0時~3時の時間帯はめちゃめちゃ混雑します。




その前に済ませてしまうのが、混雑を避けるポイントです。
ただ、大晦日~元日に掛けては、全く混雑しないということは
ないので、防寒対策はしておきましょう。







アクセスは、地方からの参拝者のためもあり、無料駐車場も700台分が用意されています。
車で行かれる場合には、交通規制がひかれているため、事前にチェックが必要です。
また、駐車場の利用時間は、12月31日は終日ですが、
迎春期間中は5時までなので、ご注意ください。






公共交通機関で行かれる方は、電車であれば、
京急川崎駅より大師線に乗り換え、川崎大師駅で下車、そこから徒歩で8分になります。


バスの場合には、JR川崎駅の東口にあるバス乗り場7番から
川崎鶴見臨港バス[川23系統]大師行きに乗ります。



大師バス停で下車したら、そこから徒歩で8分になります。
どちらの場合にも、混みあう時間には降りた場所から混んでいるはずなので、
一緒に参拝される方とはぐれないようにご注意ください。




川崎大師のご利益で素敵な一年をスタートさせて下さいね(^-^)












お正月も、親戚への新年のあいさつまわりをすませてのんびりしていると
ついつい初詣をしそびれてしまうことってないですか?


美味しいお料理とお酒で、ちょっとのつもりが長居をしたりして
時間がないっ、ということもありますよね。



そんな中、パートナーとデートをする時間も欲しいけど、
しっかりと初詣にも出かけたいという方へ、
デートで平安神宮をめぐるのはいかがでしょうか。


デートコースに組み込むことで一石二鳥をねらっちゃいます。






2015-12-01_220018





平安神宮と言えば、大鳥居が有名ですね。
24.4mの高さがあり、京都の岡崎公園のランドマークともなっているものです。
京都市左京区にある神社です。




2015-12-01_215119




とても見事な建物ですよね。
2010年には、大極殿などの6棟が国の重要文化財として指定されています。





境内参拝時間は


元旦(1月1日) 終夜~20時
1月2日と3日 6時~19時30分
1月4日と5日 6時~18時30分
1月6日~31日 6時~17時

となっています。





また、神苑(じんえん)の拝観受付時間は
1月中は8時30分~16時30分となります。



拝観料金は、大人で600円かかりますが、
約10000坪もあるこの日本庭園をめぐりたいという方は、
こちらの時間もチェックして下さいね。




2015-12-01_215435





まるで墨絵のような美しさですよね。
国の名勝としても指定されています。



1月の祭典としては、


1月 1日  歳旦祭 午前6時より    「浦安の舞」の奉納
1月 3日  元始祭 午前8時より
1月15日 成人祭 午前9時30分より 「平安の舞」の奉納
1月30日 孝明天皇祭 午前10時より 「平安の舞」の奉納
があります。


この時間帯は、確実に混むことが予想されるので、
混み合うのが苦手な方は避けられたほうがいいでしょう。





元旦でしたら、午前9時から10時頃は比較的混雑せずに
お参りができるようです。



10時を過ぎますと、平安神宮の前は歩行者天国となり、
参拝客でにぎわってきますので、ご注意ください。


露店を楽しむのでしたら、この時間に合わせてもいいですよ。
ただし、敷地面積がとても広いため、あまり混んでいる印象を受けないこともあります。






では、こちらをデートコースとした場合、どのようにめぐるのがいいでしょうか?




① まず、大鳥居をくぐって、その壮大さを下から眺めてみましょう。

② 手水舎で、お参りをする準備をしましょう。作法は、確認できていますか。
   これがしっかりとできていると、相手に見直されること間違いなしですよ。

③ 應天門をくぐって、平安の都へ足を踏み入れる気分に浸りましょう。

④ 大極殿をのぞみ、そろってお参りをしましょう。

⑤ 次は、大極殿の左手にある神苑入口から、日本庭園へ入ります。
   この時には、入口付近の白虎楼を見るのを忘れないで下さいね。

⑥ 南神苑から西神苑へ、更に中神苑へ進みます。
   中神苑では、気をつけて臥龍橋を渡ってみるのもいいでしょう。




東神苑まで来たら、泰平閣(橋殿)から全体を見渡すと素晴らしい景色を楽しめますよ。
これで、全体をめぐることができるはずです。
恋人と一緒なら、時間はあっという間かもしれませんね。





最後に、アクセスについてですが、
車で行く場合には、三条通りを西方向へ、
「神宮道」交差点を北進して右折すればすぐになります。


ただし、境内には駐車場がないため、近隣の有料駐車場を使用する必要があります。
市営岡崎公園の地下駐車場は、500台とめることができます。
近隣道路は混雑も見込まれるため、できれば公共交通機関がおすすめです。





公共交通機関の場合には、
地下鉄東西線「東山駅」を下車し、徒歩10分か、
京阪鴨東線「三条駅」もしくは、「神宮丸太町駅」を下車し、徒歩15分で行けます。


様々な方面からバスにものれますので、バスを利用される方は、
市バスと洛バスの系統をチェックして下さいね。




1年の始まりに、二人でしっかりと初詣をして、
1年を幸せに過ごせますようにお祈りいたします。








スポンサードリンク