» 旅館・ホテルのブログ記事

 

2020年7月24日
東京オリンピックが開催されます。

 

東京オリンピックまで、あと1000日を切りました。
まだまだ先の話だと思うかもしれませんが、

 

何だかんだあと、2年半くらいで
オリンピックになります。

 

日本での大会なので、
当然ですが、生で選手たちの活躍を見たい!
そう思う人もたくさんいることでしょう。

 

 

そこで気になるのが
“宿泊先”ですよね。
つまり東京の【ホテル】

 

 

首都圏に住んでいる以外は、
日本中、いや世界中の人が
東京のホテルに集まるので

 

あっというまに
予約でいっぱいになることが
想像できます。

 

 

そこで、ホテルの予約は
いつ頃から出来るのか、
おすすめの宿について調べてみました。

 

 

良かったら参考にしてみて下さい。

 

 




おすすめの宿は、
≪見に行く競技の会場から近いホテル≫
になります。

 

 

ですから、見る競技によって
おすすめの場所は変わります。

 

 

柔道を見に行くなら、日本武道館の近くがいいですし、
卓球を見に行くなら、東京体育館の近くがいい訳です。

 

 

その中でも一番人が集まるのが、
開会式や閉会式、それに陸上、サッカーも
行われる、【オリンピックスタジアム】になります。

 

 




 

 

この付近のホテルが、まず予約でいっぱいに
なることは間違いないでしょう。

 

 

オリンピックスタジアムは
新宿区にあります。

 

 

なので、オリンピックスタジアムに
観戦にいくのであれば、
新宿のホテルが最も近くておすすめです。

 

 

 

そこでおすすめのホテルをご紹介。

 



ヴィアイン新宿




まずは『ヴィアイン新宿』

 

 



 

 

何がおすすめって、値段の安いホテルというのは
部屋とお風呂の評価が低いことが多いのですが、
(ホテルのサイトを調べてみるとよくわかります。)

 

 

ここのホテルでは安い価格帯にも関わらず、
同じ値段のホテルと比べて格段に評価が高いです。

 

 

口コミを見ると、
とにかく清潔感を評価している
コメントが多かったですね。

 

 

また、都心にも関わらず、
新宿御苑や公園が近くにあって
閑静な場所であるにも関わらず、

 

新宿駅からも徒歩9分と
立地的にもGood!

 

間違いなく、新宿の中でも
早い段階で予約でいっぱいに
なるでしょう。

 

 


アパホテル<新宿御苑前>


 

『アパホテル<新宿御苑前>』
もおすすめです。

 

 



 

 

名前にある通り、新宿御苑が近く、
立地も高評価!

 

そしてここのホテルには
大浴場があるので、
お風呂の評価が高い
です。

 

そして、ベッドがふかふかで
寝心地の良さをコメントしている人が
たくさんいました。

 

 

もちろん、清潔感も◯

 

こちらも人気の高いホテルですね(^^)

 

 

新宿ニューシティホテル


 

そして、価格がとにかく安くておすすめ。
『新宿ニューシティホテル』

 

 



 

 

周りのホテルは倍以上値段が高いところもあるのに
この安さです。

 

口コミもとにかくコスパがいいのコメントが
多いこと(^^)

 

東京の新宿に、このお値段で泊まれるのなら
ありがたや~という感じなのでは
ないでしょうか?

 

 

私は旅行に行くとき、
宿泊費は抑えて、観光にお金を
回したいと思うタイプなので

 

そういう方にはもってこいの
ホテルだと思います。

 

 

価格が安いから評価が低いのかと
いうと、そうではなく、
お部屋の評価も標準より高く、

 

あと朝食の評価が高かったです。

 

 

オリンピックで色々と
記念のお土産を購入したりするのであれば
宿泊の費用はなるべく抑えたいと思う方が多いはず。

 

とにかく値段の安いホテルだと思うので
価格重視なのであれば、間違いなく候補ですね(^^)

 

 

ホテルの予約はいつ出来る?

 


じゃらん、楽天トラベル、るるぶなどを検索してみましたが
まだ、どこも予約出来ませんでした(^_^;)

 

2020年と打ち込んでも宿泊できるホテルが
表示されないわけです。

 

 

予約できるのは大体1年くらい前
最速のようですが、
なんと言っても日本で行われるオリンピックです。

 

 

 

いつから予約できるかは、誰にもわからないので

 

もし心配であれば、
ホテルに直接聞いて
確認
するといいかもしれませんね。

 

それが一番確実だと思います。

 

 

 

東京オリンピックは、ハンパない人が
日本を訪れます。

 

現地で観戦予定の方は、
早めの行動で、
ホテルの予約をして下さいね。

 

 

それでは、まだちょっと先ですが、
東京オリンピックが素晴らしいものに
なることを祈りつつ、楽しみに待ちましょう(^^)

 

 





飛騨高山ウルトラマラソンは、フルマラソンの完走経験者だけが参加を許される
国内屈指のタフなマラソン大会です。


コースには、観光名所もたくさん含まれ、走る人も楽しみながら参加できるという特徴があります。
距離は、100kmと71kmの2つが用意されていますが、どちらも長距離。
是非、応援観戦に行きたいというかたも多いかと思います。




ただし、スタートとゴール地点の高山ビッグアリーナ近辺には宿泊施設がありません。
そこで、できるだけ近い所で、観光にも出かけられるような宿泊施設を探してみました。







ひだホテルプラザ





まずは、「ひだホテルプラザ」はいかがでしょうか。
JR高山駅より徒歩約5分のところにあります。




2016-04-14_213001
引用:ひだホテルプラザ





こちらの特徴は、飛騨高山温泉の天然温泉100%のお風呂です。
喜多館屋上には、市内で唯一のジャグジーバスや露天風呂があります。
ゆったりと足をのばし、解放感にひたりながら、素晴らしい景色を眺めたくなってしまいますね。




観光名所ともなっている宮川朝市までも徒歩8分で行けますから、
応援へ出かけるのは勿論のこと、観光も楽しんで頂けるでしょう。



無料の駐車場も用意されているので、お車の方は確認をされるといいですよ。
宿泊料金は、1泊2食付きで大人1人20000円から40000円になります。







飛騨高山温泉 旅館むら山





次に、「飛騨高山温泉 旅館むら山」も素敵ですよ。
JR高山駅から車で5分ほどのところにあります。




2016-04-14_213644
引用:YAHOO!JAPANトラベル





こちらは、合掌造りを移築して作られた、木造古民家風の宿になります。
木のぬくもりがいっぱい感じられるお部屋は、落ち着いて過ごせそうですよ。



基本的には、囲炉裏を囲んでのお食事スタイルになります。
炭火であぶった魚やお手製の五平もちは、出来立てをあつあつでいただけます。




なかなかこんな体験は普通のホテルでできないので、ポイントが高いと思いますよ。
松倉湯の山温泉の天然温泉100%で、とろりとした湯は肌もすべすべにするそうです。




合掌造りを多く残す、飛騨の里まで徒歩10分ほどなので、こちらへも出かけたいですね。
高山駅までは送迎もありますので、予約の時に確認をするといいですよ。
宿泊料金は、1泊2食付きで大人1人15000円から20000円になります。







四季彩の宿 萩高山 高山観光ホテル





最後に、「四季彩の宿 萩高山 高山観光ホテル」はいかがでしょうか。
JR高山駅まで車で10分ほどのところにあります。




2016-04-14_214159
引用:飛騨高山おすすめの宿





こちらは、いろいろなサービスが無料で受けられるのがいいですよ。
たとえば、女性には嬉しい色浴衣を借りられます。



せっかく借りるので、私だったら、いつもは着ないような浴衣にチャレンジしたいなぁ、と思います。
絶景を眺められる貸切露天風呂も5種類あるので、グループで楽しみたいです。




また、「いざ勝負。」卓球や各種ゲームも用意されていたり、
四季を問わず、手持ち花火を楽しんだりすることができます。





ここまでくると、ホテルから離れられなくなりそうですね。
しかし、JR高山駅とホテルの間ならば、高山市内の観光地にももちろん送迎してくれるので、
十分に観光を楽しむこともできるでしょう。



宿泊料金は、1泊2食付きで大人1人16000円から36000円になります。






さて、3つの宿泊施設をみてきましたが、泊まりたいと思われるところはありましたか。
メイン会場の高山ビッグアリーナまでの送迎をしてくれるところもあるので、
予約を取る時には、確認をするといいですよ。



観光名所もたくさんある高山市を、応援とともに楽しむことができるといいですね。
頑張って応援をしてきて下さいね。











山形県は、1992年に山形新幹線が開通したことにより、
首都圏から3時間ほどでアクセスできるようになりました。
そのため、より簡単に山形観光ができるようになりましたね。


主な観光地としては、スキー場や温泉地がありますが、
今回は、この中から蔵王温泉について調べてみました。





蔵王温泉は、最上高湯とも呼ばれていて、白布(山形県)や信夫(福島県)とともに
「奥羽三高湯」の1つとして数えられる温泉です。



東北随一の強酸性の硫黄泉は、お肌・血管の若返りと殺菌・美肌効果などがあり、
まさに「美人づくりの湯」と言われています。ぜひ、入ってみたいものですね。
温泉本来の成分を存分に感じられるように、多くの施設では源泉100%掛け流しの湯を楽しむことができます。




標高900m台にあるため、夏は山形市街地より約10度も涼しいリゾート地でもあります。
避暑地として楽しめるほか、季節に伴って変化する山の色を満喫できるトレッキングもいいですよ。
冬にはスキーなどのウィンタースポーツも楽しめます。



また、夜には、暖房付きの特殊車両「ナイトクルーザー号」という雪上車に乗り、
樹氷ライトアップや霧氷を間近で体験することもできます。
ますます、行ってみたくなりましたよね。では、宿泊施設について見ていきましょう。







蔵王国際ホテル





まずは王道の「蔵王国際ホテル」はいかがでしょうか。
蔵王温泉バスターミナルから徒歩10分のところにあります。
到着時に電話をすると迎えにきていただけます。




2016-02-08_221642
引用:蔵王の風





こちらの魅力は、何といってもそのお風呂にあります。
「八右衛門の湯」は、木がふんだんに使われたお風呂になっており、
丸太の梁が美しく、その天井高は一番高い所で6.5mもあります。
広々とした和の空間で癒されることでしょう。


また、石造りとなっている露天風呂は、冬にも入ることができ、雪見風呂を堪能できます。
更に、チェックイン後に予約のできる貸切風呂は3種類あり、それぞれに違った趣のある作りになっていますよ。




夜のお食事は、山形の旬のものを素材とした、会席料理を頂くことができます。
蔵王牛や山形産のお米などが、目でも楽しめるお料理となっています。


リピーターの方には、お料理が重ならないように内容を変えて頂くこともできますよ。
なんとも心優しい配慮ですね。何度でも行きたくなってしまいそうです。
蔵王ロープウエイまで徒歩5分という観光にも最適なホテルはいかがでしょうか。







蔵王・岩清水料理の宿 季の里





2つ目は、「蔵王・岩清水料理の宿 季の里」を紹介します。
蔵王温泉バスターミナルから車で5分のところにあります。




2016-02-08_221853
引用:楽天トラベル





こちらは、純和風の温泉宿になります。
強酸性白濁の温泉と無色透明弱アルカリ性の二種類のお湯を楽しむことができます。



特に、露天風呂「代吉の湯」は、源泉100%かけ流しで加温、加水は一切なしのお風呂です。
内湯は、ガラス張りで開放的な空間となっています。



湯上りには、色浴衣(1枚 500円)はいかがでしょうか。
着るお手伝いもしていただけますし、少し華やかな気分でお泊りタイムを過ごせます。




夜のお食事は、四季折々の自然の恵みを盛り込んだ和食会席となっています。
料理長が心をこめて作るお料理は、見た目も大変美しく、食べるのがもったいないぐらいです。


10畳の和室は、お部屋ごとにデザインが違い、山野草の名前がついています。
どの部屋になるのか、リピーターとして何度来ても楽しめそうですね。



徒歩5分で蔵王ロープウエイまで行けるので、空中散歩をしたり、
裏手の鴫の谷地沼を散策したりする拠点としていかがでしょうか。







フォーレスト蔵王温泉





3つ目は、「フォーレスト蔵王温泉」です。
蔵王温泉バスターミナルから徒歩15分のところにあります。
ここからは送迎を頼むこともできますよ。




2016-02-08_222111
引用:楽天トラベル





こちらは、2015年にプレオープンしたホテルになります。
360°森林に囲まれたこちらのホテルの魅力は、山形ブランド牛の和洋中バイキングではないでしょうか。



山形の「冷やしラーメン」や郷土料理の「だし」、地元の食材を使った料理と合わせて、
3種類の牛肉料理が楽しめます。


それは、「米沢牛芋煮」と「山形牛カレー」、「蔵王牛炙り焼き」です。
バイキングですから、どれもお好きなだけいただけ、男性にもおすすめですよ。




総檜造りで畳敷きの洗い場のついた露天風呂は、乳白色で自然の解放感たっぷりです。
対して、大浴場は、無色透明のお湯となっています。



2種類の湯が楽しめて、お風呂好きにもよさそうですよ。
公式のHPから宿泊予約をすると、横倉ゲレンデへの送迎をしてくれたり、
チェックイン前とアウト後の温泉入浴の利用ができたりとちょっとした特典があります。






3つの宿泊施設を見てきましたが、いかがでしょうか。
四季ごとに様々な魅力のある蔵王ですから、
季節ごとに訪れてみてもいいですね。


自然をじっくりと堪能して素敵な旅になりますように。







スポンサードリンク