» 漫画・アニメのブログ記事



ハンターハンターの冨樫義博先生は
山形県新庄市の出身です。



2017年の12月22日から
ハンターハンターのネーム展が
聖地山形で行われるとの情報を見て




地元だし!新庄はちょっと遠いけど
車で行ってみるか!と
ドライブも兼ねていざ新庄市へ!




実際に行ってみたので、
これから行こうかなと思っているなら
良かったら参考にしてみて下さい。






まず、いつ見に行けるのかと言うと・・・



*******************************

開催期間:2017年12月22日~2018年2月25日

会場時間:9:00~18:00

休館日:第2・第4月曜日 12月31日と1月1日も休業

*******************************





こんな感じです(^^)



冬の期間、約2ヶ月見ることが出来ます!
入館料はなんと無料です!!!
感謝・感謝ですね(^^)




ハンターハンターネーム展は
新庄最上漫画ミュージアム
見ることが出来るのですが、



その立地が見に行くのに
非常にありがたかったです。










グーグルマップで調べてみて、
駅が近いことはわかっていたのですが、
駅が近いというより隣接された場所にありました。











だから、電車で行く場合は
新庄駅から降りればすぐです!




車で行く場合は駐車場が気になるところですが、
駅の隣に駐車場があるので、
車の人にもありがたい。










これが駅前の風景。









実際建物の中に入ってみると
一番奥にありました!













ドーーーンと
ハンターハンターネーム展の広告が。














ミュージアムの中は
撮影可能場所もありますが、
ネームはもちろん撮影不可です。





私ももちろん撮影NG箇所での
撮影はしていません!
(当たり前ですが)






入ってみた印象は
想像していたより中は
ちょっと狭いかなぁと。




入っていくと、自由に描いて下さいとの
ホワイトボードがバーーンと。










みんな絵がうまいなぁと感心しつつ
下の方に千葉から来たかいがありました
のコメントを見て



何だか県民として嬉しくなりました。





撮影可能場所の神社のような
場所のところに、
新庄市出身の漫画家のイラストがズラ~っと。











漫画ミュージアムの中央に
クロロ対ヒソカのネームが
ドーーーンと公開されていました。




貴重なネームなので
もちろん撮影は不可。
じっくり見てきました。



ビックリしたのが
ネームを学生が使うルーズリーフに
描いていたということ









あと、周りを見渡すと
ハンターハンターや幽遊白書など
新庄市ゆかりの作家の漫画が置いてあります。



ハンターハンターのネームを見て
漫画を読んでいる方もいましたよ(^^)





それと、冨樫義博先生のメモ書きが
あったのですが、
わかった人は答えを書いて投票ボックスに入れて下さいとのこと。



相当ハンターハンターに詳しくないと
検討もつかないような内容でした。




ネームを見るのはもちろんですが
自信のある人は
その謎を解いてみてはいかがでしょう?




ちなみに私は全くわかりませんでした(^_^;)






ゆっくり満喫して、
駐車料金はいくらかなと思ったら
機械に通してピッとしたらタダ(゚д゚)!










入館料も駐車料金も無料って、
良心的過ぎます!




掛かる費用は、昼食代と
電車なら電車賃、
車ならガソリン代だけです。





この冬は、ハンターハンター展を見に
山形県に行くのもいいかもしれませんよ。
良かったら見に行ってみて下さいね。




スポンサードリンク