» 甲子園のブログ記事

 

甲子園。主役はもちろん選手ですが、
【吹奏楽】の演奏を楽しみにしている人も
多いのではないでしょうか?

 

吹奏楽で流れる曲を聴きたくて、
それだけで甲子園を見たくなっちゃいますよね(^^)

 

 

そんなメロディですが、定番はもちろんのこと、
おすすめの是非聴いて欲しい曲なんかも紹介したいと思います。
良かったら少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

 

定番曲
 

 

1.アフリカン・シンフォニー

 

アフリカン・シンフォニーという言葉は知らないとしても、
これを聴けば、甲子園で流れてるなと一発でわかる、
あまりにも有名な曲です。

 



 

何と言うか壮大な感じがして、これを聴かないと
甲子園じゃないとさえ言ってもいいほどの名曲。

 

 

2.狙い撃ち

 

山本リンダの狙い撃ちも有名ですよね。
「狙い撃ち~」って。

 

昔から流れてるイメージが強いど定番曲。

 

 

3.サウスポー

 

これも、昔からある定番曲。

「その時お前がスーパーヒーローだ~」
ってやつですね(^^)

 

 

4.紅

 

これも定番としか言えない(^_^;)
「紅に染~ま~った~、こ~の俺を~」
ってやつですね

 

 

5.ルパン三世のテーマ

 

アニメの曲としてもあまりにも有名ですよね。
これも昔から聴くなぁ。

 

 

6.宇宙戦艦ヤマト

 

どうしても、定番=昔っからある曲になってしまいます。
これも、ほんと昔っからありますよね。

 

 

7.エル・クンバンチェロ

 

プエルトリコの作曲家ラファエル・エルナンデスが、
1943年に作詞・作曲 した楽曲。

 



 

エル・クンバンチェロという名前は知らなくても、
甲子園を見ていれば絶対に聴いたことがある曲。

 

これを聴くと甲子園って感じがしますね。

 

 

他にも、暴れん坊将軍、西部警察、We will rock you、
トリトンなど、本当に色々な曲があります。
まだまだ取り上げていないものもありますが、この辺で。

 

 
おすすめ曲
 

 

完全に私の主観が入ってしまいますが(^_^;)
おすすめ曲もいくつか発表します。

 

 

1.ジョックロック

 

智弁和歌山と智辯学園が奏でる「智辯」を
代表する曲。

 



 

チャンスで流れているイメージが強く、
別名【魔曲】とも言う人がいる曲。

 

私は単純に、これを甲子園で聴きたいと思ってしまいます。

 

 

 

2.スパニッシュ・フィーバー

 

聴けばわかるカッコ良さ。
とにかくカッコいい。とにかく聴いて欲しい曲。

 



 

甲子園でこれを演奏している高校を見ると、
めちゃめちゃ選曲のセンスがいいなぁって
勝手に思ってしまう(^^)

 

 

 

3.SEE OFF

 

これも、聴けば、流れてる流れてるって思う曲。
この曲を最初に使ったのは「日立一高」と言われています。

 

それを聴いた常総学院が、かっこいい曲だから取り入れようと
甲子園で弾いたことが全国に広まったきっかけみたいです。

 



 

 

今ではすっかり甲子園を代表する曲ですね。

 

 
有名校
 

 

甲子園で吹奏楽が上手だと、聴き応えがあっていいですよね。

 

吹奏楽で圧巻の有名校と言えば、
千葉県の【習志野高校】ではないでしょうか。

 



 

高校野球好きであれば、かなり有名な話で
知っている方も多いのではと思いますが、

 

とにかくうまい。そしてチアの応援もいい感じにマッチしていて、
とにかく最高なのです。

 

 

 

正直、甲子園の応援というよりも、吹奏楽の演奏会なのでは?
と思ってしまうほどのレベル。
それをスタンドで聴けるのだから凄いことです。

 

こんな応援をされて、打席に立つ選手は幸せですね。

 

 

甲子園の吹奏楽応援は、もう高校野球を語る上で外せない
ものだと思います。

 

今年はどんなドラマが生まれるのか、
夏の高校野球を楽しんで下さいね。

 

 

 

 

 

 

夏と言えば甲子園。
ジョックロックを聴くのが楽しみ!
そういう高校野球ファンも多いのではないでしょうか?

 

かくいう私もその一人です。

 

 

高校野球では、学校によってオリジナルの応援曲を
使っているところありますよね。

 

横浜高校とか、東海大系列とか。

 

 

その中でも、圧倒的インパクトを与えるのが
智弁和歌山高校のジョックロック
とにかくカッコ良すぎます。

 




 

 

この曲が流れてる中で、打席に立ってみたい・・・
そう思う人、たくさんいるんじゃないかですかねぇ。

 

 

 

このジョックロック、原曲があるんですが、
正直、そこまでカッコよくないんです(^_^;)
それをあんな風にノリノリの神曲にするとは凄い。

 



 

そのアレンジした人が、
智弁和歌山高校の吹奏楽部の顧問していた
吉本英治さん。

 

 

今や、多くの高校が演奏している「アフリカンシンフォニー」
この編曲も吉本さんなんです。

 

 

天才。この一言に尽きますね。

 

 

 

でも、このジョックロック。
智辯和歌山と智辯学園以外の高校で演奏しているの
あまり聴きません。

 

これだけカッコよくて魔曲としても有名なのに、なぜ?
と調べてみたら、

 

 

とても難しい曲であるにも関わらず、楽譜が販売されていないとのこと。

 

なるほど、他校がなかなか手をつけないわけです。

 

 

色々と各校の吹奏楽の演奏を聴いていると、
それぞれの高校の特徴が出ていて面白いです。

 

 

 

個人的には沖縄県勢の指笛も好きなんですよね。
なんか夏っぽくないですか?


だから、初戦で智辯和歌山と興南がぶつかったのは
なんかもったいないと思って見てました。

 

主役はもちろん野球部の選手ですが、
吹奏楽にも注目して、高校野球を楽しんでみて下さい。
そして、ジョックロックも聴いてみて下さいね(^^)

 



 

スポンサードリンク