ウェディングドレスが似合う!小顔に見える髪型まとめてみました

スポンサードリンク





せっかくの晴れの日の姿は、美しく残したい。
これは、誰もが考えることですよね。



できれば、モデルさんのようにウエディングドレスが似合って
小顔でかわいらしく仕上げてほしいと思いませんか?





実は、髪形次第で小顔に見えるんですって。
そこで、今回は、小顔に見えるポイントと髪形をまとめてみました。



参考になれば幸いです。
それでは、見ていきましょう。








小顔に見せるためのポイントは?




2016-05-25_210943
引用:http://staffcreation.net/job/result.jsp?area_cd_tab=2&pc=25





小さく見せるには、目の錯覚などの視覚的な効果を利用します。
例えば、トップに高さを持たせると、顔は全体的に縦長に見えることから顔が小さく見えます。





顔の丸みもあまり感じられなくなりますよ。
輪郭に自信がない場合には、これをぼかすのに、おくれ毛も重要です。



おくれ毛で、顔の輪郭全体を隠してしまうという作戦です。
ふわふわとした顔周りのおくれ毛は、やさしい印象にもなり、いいことづくめですね。









具体的なスタイルを見ていきましょう<その1>




2016-05-25_212004
引用:the ウエディング





一番の方法は、トップにシニョンをつくるスタイルですね。
自然と重さが上のほうに上がり、顔の丸みや大きさが目立たなくなります。



さらに、おでこを出してしまうのではなく、前髪をつくると
顔の面積が減ったように見え、顔が小さく見えますよ。





また、気をつけたいのが、ヘアアクセのサイズです。
小さなものをいくつかつけるよりも、少し大き目かなと思うぐらいのものを選びましょう。



コサージュでも、ティアラでも、ボンネでも、生花でも、どんなものでもいいのですが、
ボリュームのあるものを飾れば、そちらに視線を集めることができます。








具体的なスタイルを見ていきましょう<その2>




2016-05-25_212302
引用:
https://www.pinterest.com/r08303/%E3%83%98%E3%82%A2%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8/





顔の輪郭をぼかすスタイルがこちらになります。
顔全体がずばっと見えてしまうよりかは、顔がシャープに見えますね。




ラフにまとめて、髪の流れも楽しんでしまいましょう。
さらなる裏技としては、ドレスの肩の位置に大きめのリボンなどがあしらわれていると、
視線をそちらに向けることができ、小顔効果もアップします。



つまり、顔以外の部分に視線が行く場所をつくることが重要
なんですね。







さて、ポイントをおさえ、スタイルを見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
プロのテクニックを利用して、小顔効果を狙いましょう。





せっかくですから、あなたに素敵な写真を撮ってもらいたいですものね。
ヘアスタイルに合わせて、メイクでも小顔効果を追求できます。



メイクリハーサルなどで、どんどん希望を言うといいですよ。
ヘアスタイルとメイクのダブル効果で、素敵な花嫁さんになって下さいね(^-^)









スポンサードリンク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


スポンサードリンク